1. HOME
  2. ブログ
  3. あなたはロング派?ショート派?シチュエーション別・冬アウター着こなし術

あなたはロング派?ショート派?シチュエーション別・冬アウター着こなし術

  • 一年で最も洋服にかける金額が多いこの時期。
    数あるアウターの中で自分のライフスタイルにぴったりなアイテムを探すのは難しく、失敗したくないという気持ちが強いはずです。
    本日はそんな心配を払拭できるロング丈とショート丈のシチュエーション別おすすめアウターをメンズ4ブランドから一挙にご紹介!

  • 【本日のラインナップ】

  • EDIFICE

    120'S ブレンド モッサ ショールコート

    ¥39,600

  • JOURNAL STANDARD

    【SUPER140】ウールスタンドチェスターコート

    ¥28,600

  • JOURNAL STANDARD relume

    50 WOOL オーバーサイズバルマカーンコート

    ¥23,100

  • 417 EDIFICE

    リバーウール ラップコート

    ¥24,200

  • EDIFICE

    【DESCENTE / デサント】別注 ボアジャケット

    ¥18,700

  • JOURNAL STANDARD

    【SUPER140】 ウール スタンド ショートコート

    ¥20,900

  • JOURNAL STANDARD relume

    CLIMASHIELD/クライマシールド/APEX PADDING ブルゾン

    ¥19,800

  • 417 EDIFICE

    リバーウール ハーフコート

    ¥22,000

  • ↓↓詳しくはコチラから↓↓

  • 《ロング派おすすめ!》

  • ■for ショッピング①

  • EDIFICE

    120'S ブレンド モッサ ショールコート

    ¥39,600

  • 昨年大ヒットした毛抜き仕立てのショールコートに新色が加わりリニューアル!
    大人っぽいきれいめなスタイリングにちょい足しするだけで、やり過ぎない適度なリラックス感を表現します。
    非常に軽やかな素材のため、長時間の買い物でもストレスを感じないはず。

  • ■for ショッピング②

  • JOURNAL STANDARD relume

    50 WOOL オーバーサイズバルマカーンコート

    ¥23,100

  • 上質さを感じられるシャリ感のある素材感は大人顔な印象。
    これに現代的なオーバーサイズのシルエットが加わったことで幅広いニーズに対応できるコートに仕上がりました。
    オーバーサイズのコートをバサッと羽織り、手ぶらで買い物なんておしゃれじゃありませんか?

  • ■for デート①

  • JOURNAL STANDARD

    【SUPER140】ウールスタンドチェスターコート

    ¥28,600

  • チェスターコートをすでに持っている方におすすめなのがスタンドチェスター。
    首元の防寒にも適しており、首周りの新鮮な演出が可能です。
    カジュアルなイメージですが、デートでどこに行くにしても十分対応してくれる新定番コート。

  • ■for デート②

  • 417 EDIFICE

    リバーウール ラップコート

    ¥24,200

  • 大人の色気を感じさせるダブルのラップコート。
    たっぷりとゆとりがあるためベルトで留めると絶妙なドレープ感が。。。
    好みによって着方にアレンジを加えやすいのがおすすめポイントです。

  • 《ショート派おすすめ!》

  • ■for アクティブ①

  • EDIFICE

    【DESCENTE / デサント】別注 ボアジャケット

    ¥18,700

  • 公園で遊ぶなら防寒ができて動きやすいことは必須。
    それにちょっとスポーティーなテイストをプラスしたくありませんか?
    都会的で土臭くないボアブルゾンは今の気分にもフィットしてくれるはず!

  • ■for アクティブ②

  • JOURNAL STANDARD relume

    CLIMASHIELD/クライマシールド/APEX PADDING ブルゾン

    ¥19,800

  • 外でゆっくりとリラックスタイムを満喫したいのなら、着心地と暖かさの両方が欲しいところ。
    それを実現してくれるのが米軍にも供給しているクライマシールド(R)の中綿です。
    スポーティーな要素を含むアイテムとも好相性ですが、あまり気にすることなく様々なテイストと組み合わせできるアイテムです。

  • ■for カフェタイム①

  • JOURNAL STANDARD

    【SUPER140】 ウール スタンド ショートコート

    ¥20,900

  • 休日をゆっくりカフェで過ごすならショートブルゾンのほうが長居できそう。
    コートと異なりシワに対してそこまで神経質にならずに済むのはうれしいポイント。
    そして、ショート丈にもかかわらず、上質なウール素材のおかげで落ち着いた品のあるデザインにまとまっています。

  • ■for カフェタイム②

  • 417 EDIFICE

    リバーウール ハーフコート

    ¥22,000

  • いわゆるPコート的な立ち位置ですが、様々なアウターから良いとこ取りしたようなシンプルなデザイン。
    少し癖のあるパーカーをインナーにしてもバランスよくおさまり、様々なアイテムと組み合わせることでアレンジが効くことを伺わせます。