1. HOME
  2. 特集
  3. THE SEED BY WILLY CHAVARRIA
  • ニューヨークに拠点を置くファッションデザイナーであり、WISMとも親交の深いWILLY CHAVARRIA。

    そのWILLY CHAVARRIAをヘッドコーチに迎え、2021年4月にスタートした
    WISMのオリジナルレーベル、「THE SEED BY WILLY CHAVARRIA 」。
    2021AWコレクション第一弾が、 2021年8月28日(土)WISM各店とWISM Online Storeにてローンチされます。
    また、同タイミングで2021AW 第一弾のLOOKが公開。

    2021AWのテーマは、「Imperial Uniform 」。

    WILLY CHAVARRIAの根底に流れる、“エレガント”や“クラッシック”をTHE SEED流に解釈。
    WISMとWILLY CHAVARRIAに通ずる美意識をTHE SEEDを介して伝え拡げていく。
    ブランドのアイデンティティはそのままに、WISMのデイリーユニフォームをさらにたくさんの人たちの為のデイリーユニフォームへ。
    8月を皮切りに9月、10月と新作のリリースが続いていきます。

  • JACKET : 9月中旬入荷予定
    PANTS : 9月中旬入荷予定

  • THE SEED BY WILLY CHAVARRIA Concept

    SEED ... 種子、種を撒く。または果実の実。または根源、発生源。

    彼のルーツである「パチューコ」「チカーノ」「囚人服」「ワークウェア」「ヴィンテージ」。
    カリフォルニア州はフレズノで生まれ育った彼がニューヨークで服の伝統に触れ生み出したのは、
    ストリートに根ざしながらもクラシックでエレガントなコレクション。

    彼のコレクションラインがA面であるならば、THE SEEDで提案するのはそのB面。
    今まで数々のコラボレーションを行い積み上げてきた、その蜜月関係が織りなす確固たる自信と、
    WISMという視点から、WILLY CHAVARRIAのルーツ=起源を探るストーリー。

    「WISMのデイリーユニフォーム」をテーマに、新たなスタイルを見出していくラインナップを提案。

  • WILLY CHAVARRIA

    カリフォルニア州フレズノ生まれ。チカーノが多い地区で育ち、多感な時期に奇抜なファッションを楽しむ通称”パチューコ”に影響を受ける。NYに移住した後、ラルフローレンのメンズデザインを担当。その後、NYでヴィンテージウェアに特化したお店「PALMER TRADING」をオープンさせ、ディッキーズなどとのコラボラインも含むオリジナルブランド「PALMER TRADING COMPANY」を展開。ブランドWILLY CHAVARRIAは2016SSにスタートし、現在ニューヨークコレクションでコレクション発表をしている。2021年2月にCalvin Kleinのグローバル メンズアパレル部門のチームを率いるディレクターに就任。