1. HOME
  2. ブログ
  3. モデル サクラマヤミチキさんインタビュー | EMILY WEEK

モデル サクラマヤミチキさんインタビュー | EMILY WEEK

EMILY WEEK のビジュアルに登場いただいたモデル「サクラマヤミチキ」さんインタビュー。

  • プレスの不定期ブログ「モデル、サクラマヤミチキさんインタビュー」

  • EMILY WEEKのアイテムを愛用いただいている方に、その魅力や感想をお伺いするプレス小林の不定期連載。第3弾は先日公開になった秋ビジュアルにも登場いただき、自然体で明るい笑顔が印象的なモデルのサクラマヤミチキさん。今回はEMILY WEEK着用時のミチキさんの私服スナップも交えてお届けします。
    ぜひ最後までお楽しみください。

  • ▲ オンラインインタビューに回答いただいたミチキさん

  • ー 先日の撮影ではありがとうございました!その際にEMILY WEEKの商品を愛用いただいているとお伺いして今回ブログへの登場をお願いするに至ったわけですが、ブランドを知ってくださったのはいつからですか?

    ちょうど先シーズン、春夏のビジュアル撮影に呼んでいただいたときです。それまでは知らなかったんですが、撮影で実際に着用してみて、とっても気に入って。

    • ー そうなんですね!うれしい!どの商品を気に入って使っていただいてるんでしょう??

      FLOWです。もともとノンワイヤーで肌にやさしいものが好みなんですが、そういったアイテムって素材がすぐにダメになったり胸をちゃんと支えてくれないものが多くて、、、そんな長年の悩み(笑)を叶えてくれたのが「FLOW」だったんです!新色のパープルもすっごく好みの色で素敵だったなあ。

    • EMILY WEEK

      Organic Cotton Flow ブラ(36-42)◆

      ¥7,480

    • EMILY WEEK

      Organic Cotton Flow ショーツ(36-42)

      ¥4,180

      • ー !!私もFLOWシリーズ大好きなので嬉しい!そして、おっしゃってくださってること、とってもよく分かります。FLOWはある程度、バストのボリュームがある方でもホールドしてくれるから安定感があるんですよね。しかもノンワイヤー。

        そうなんです。個人的に胸が動くのが落ち着かなくて。

      • ー ほかに気に入っているアイテムってありますか?

        この間の撮影で着たピーナッツカップが入っているタイプ!あれ狙ってます!!

      • ー 笑。どういったところが気に入ってくれたんですか?

        1枚ずつのカップと違って繋がってるから、より胸をきれいに収めてくれるなって感じました。フィット感もよくて。2色ともキレイだったけど、私はグリーンが好き。

      • EMILY WEEK

        ボタニカルダイビスチェブラ◆

        ¥6,600

      • EMILY WEEK

        ボタニカルダイビスチェブラ◆

        ¥6,600

      • EMILY WEEK

        ボタニカルダイハイライズショーツ◆

        ¥4,400

      • EMILY WEEK

        ボタニカルダイハイライズショーツ◆

        ¥4,400

      • ー あのシリーズはとろみのある柔らかさが人気のリヨセル素材なんだけど、さらに花で染めてるんです。グリーンはスズラン。花言葉は「幸福の再来」なんだよ。

        そうなの!?ますます気になる!

      • ー きれいな色のものを選んでくれてるなって思うんだけど、洋服によって選ぶ下着も変えますか?いつ会っても、ミチキちゃんらしい着こなしがさすがだなって思うんだけど。

        んーー特にない!(笑)仕事の時はやっぱりベージュ系が多くなっちゃうし。ラフなスタイルが多いですし。でもEMILY WEEKはTシャツにデニムみたいなリラックス気分にもハマるし、色もきれいだからわざと見せるスタイリングにもよさそうです。

      • ▲「気になる」と話してくれていた2アイテムを使って、貴重なミチキさんの私服スナップ!「せっかくなので」と、“わざと見せるスタイリング”を提案していただきました。

      • ー 最後にEMILY WEEKの魅力を教えてもらえますか?

        自然体でいられる下着だなって思います。素材や型は心地よいものが多くて、それでいて遊び心が感じられるデザインや、他にないカラーリングも。周りの友達でまだ知らない子も多いので、みんなに知ってもらいたいなって、そう思えるブランドです。

      • ー 今日はありがとうございました!

        聞き手:EMILY WEEK プレス 小林美紀

      • サクラマヤミチキ
        ニュージーランドと日本のミックス。
        プロのモデル活動をするようになったきっかけは、モデルとして雑誌に登場しているところをモデル事務所マネージャーに見いだされモデルの道に入る。
        モデルとしては、天性の表現力と力強くハッピーでポジティブ、センスあふれる仕上がりで人気があり、ハイファッション雑誌、アパレルブランドのLOOKBOOKからナチュラルなライフスタイル系媒体まで幅広く活躍する傍ら、『TRANSIT』や『MILK X MAGAZINE』(香港)などの撮影でのコミッションワークや彫金、グラフィックデザインの分野でも活動の場を広げています。彼女のアーティーなインスタグラムも根強いファンが多い。

      • 日々を頑張るすべての女性の日常を、心地よいリズムに。

      • EMILY WEEK(エミリーウィーク)
        Harmony in Rhythm for Women's daily life.
        "日常を、心地よいリズムに。"
        EMILY WEEKは、女性の体の変化とそれぞれの選択を、心地よいアイテムでサポートします。