1. HOME
  2. 特集
  3. ワードローブに加えたい冬の万能ボトムス7選。

冬のファッションアイテムとしてよくフィーチャーされるのはコートやダウンといったアウターですが、それらを引き立たせるのはやはりボトムスの存在。特にいまの時期はウールやフリースといった温かな素材のものが恋しくなります。この企画では、ベイクルーズが展開する人気の7ブランドがおすすめしたい万能なボトムスをご紹介。カジュアルからフォーマルまで網羅したプロダクトの中から、理想の一本を探してみては。


 


1.トレンドを凝縮したチェックパンツ

  • 近年のトレンドのひとつであるトラッドの流れを汲んだ、JOURNAL STANDARDのギンガムチェックパンツは肉厚なインド産のコットンを採用。ベルトループを取り除き、ウエストのドローコードでサイズ調整可能です。また、レングスもやや短めに設定することで、どんなスタイルにも難なくフィットします。いまっぽさを凝縮した文句なしの一本です。

     


    2.アーミーパンツをモダンに昇華。

  • 日常で身につける定番のウェアを、ワンランク上に設定したL'ECHOPPEのオリジナルライン「LE(エルイー」からは6ポケットを配したアーミーパンツをピックアップ。本来のデザインはそのままに、程よい光沢を持った上質なコットンツイルを採用。共地のジャケットの他、異なるサイズのモデルも展開しているので、それぞれで好きなコーディネートを組むことができます。

     


    3.つい触りたくなる上質なカシミア混。

  • ベイクルーズブランドで展開しているイージーパンツの中でも、上品さで言えばEDIFICEのこのモデルの右に出るものはないと言っても過言ではないでしょう。上質なカシミアをブレンドした滑らかな肌触り、腰回りに余裕を持たせ、裾に向けてシャープなストレートラインを施し、すっきりとしたシルエットをキープ。また多種多様なトップスとも相性が良く、汎用性にも優れています。

     


    4.人気モデルを冬素材でアップデート。

  • 現職のシェフたちが厨房で愛用していたワークウェアであるパンツをファッショナブルにアップデートした今作。タフさはもちろんのこと、動きやすさも抜群。そこにワイドシルエットながらも武骨になり過ぎない計算したテーパードシルエットを用い、幅広い世代に愛される一本に仕上げています。そして、今シーズンは冬素材として支持されるフリースを採用。裾にパイピングを施し、アクセントを加えました。

     


    5.シルエットと柄にこだわりを。

  • こちらもrelumeのパンツ同様に、シェフパンツをデザインソースとして制作したプロダクト。膝から裾にかけて細くなるテーパードシルエットを採用し、ウエストはドローコードで調整可能なイージー仕様にシフト。そして、素材は保温性に優れたフリースをチョイスしています。シンプルになりがちな冬のコーディネートに、落ち着いたトーンのチェック柄がよく映えます。

     


    6.着こなしに深みが出る極太コーデュロイ。

  • 現代のトレンドとは距離を置き、独自のファッション的目線を持つドメスティックブランド、UDA(ユーディーエー)から冬を象徴するコーデュロイ生地のパンツが登場。シルエットは緩やかなテーパードを加えて、ワイドながらもすっきりとした印象に。またフロントはタック入りで、ウエストはゴムのイージー仕様に仕上げています。まさにコーディネートの主役級になり得るボトムスです。

     


    7.ストレスフリーなウール混スラックス。

  • カジュアルにもフォーマルにもフィットする417 EDIFICEオリジナルのスラックス。ウールを混紡したジャージ素材を採用し、ストレスフリーな穿き心地を実現。また同素材のジャケットとパイピングカーディガンも展開しており、3ピースでの着用も可能。ドレスシューズからスニーカーまで様々なシューズにフィットするシンプルなデザインも見どころです。


     

    Photo_Koji Tsuchiya