1. HOME
  2. 特集
  3. NAOKO OKUSA
 I want it! 
私のBASICを支える3つのアイテム
人気スタイリストの大草直子さんが、ヴェルメイユ パー イエナのインポートアイテムの中から、
気になる“itアイテム”をチョイス。
今回は、大草さんのBASICを支える3つのアイテムを、
その裏にあるブランドストーリーから掘り下げ、
大草さんならではのスタイリングと書き下ろしのメッセージとともにお届けします。
  • #01 SLOANE30G Turtleneck Knit

  • Naoko Okusa’s Styling
  • 背景にも主役にも。
    色違いで欲しいスローン
    「とあるプロジェクトで、スローンとTシャツをコラボレーションさせて頂きました。メンズファッションに精通したディレクターが、例えば1mmのステッチ幅にこだわる物づくりは、着てみるとわかります。このニットもそう。一見普通、着ると非凡。上質で細い糸を使用したハイゲージのニットは、しっとりと素肌に載せると、一気に清潔でセクシーなプレゼンテーションに舵を切るのが不思議。けれど、これがスローン。どんなふうにも味付けができる」
  • #02 Joshua EllisCashmere stole

  • Naoko Okusa’s Styling
  • #03 MODERN WEAVINGSilver Accessories

  • 2015年にデザイナーのティファニー・アン・ウィルアムズが立ち上げた、アメリカのブランド。芯の強いモダンな女性に向けて、バッグとアクセサリーを展開。ヴェルメイユ パー イエナでは、独自の存在感を放つシルバーアクセサリーと、機能的かつ遊び心を感じるレザーバッグをセレクト。

    Pierced earring / MODERN WEAVING
    (品番:20091939000130) ¥26,000+tax
    Necklace / MODERN WEAVING
    (品番:20091939000430) ¥34,000+tax

  • Naoko Okusa’s Styling
  • 定番をドラマティックに、
    モードに変換するシルバー
    「今、個人的にもシルバーのジュエリーが気になります。特に、造形的でしっかり存在感があるデザイン。シャツのデコルテに、ニットの耳元に。シルバーの硬質で冷ややかな光があると、ドラスティックに印象が変わります。モード感がぐっと際立ち、冬服の体感温度を良い意味で下げてくれる。そう、おしゃれを、素朴さやほっこりから遠いところに連れていってくれるのです。モダン ウィービングのシルバーは、雑誌のスタイリングにも頻出。お気に入りのブランドです」
  • \これもおすすめ/
  • 美しい影のような、
    ジュエリーブランドのバッグ
    「実は探してもなかなかないのが、こんなシンプルなバッグ。艶やかな加工が施された、スムースなレザー使い、あえて金具を使用しない無口なディテールに、何色にもなじむ静かな色。素材や色、シルエットを重ねていく冬、毎日使えるバッグです」

    Bag / MODERN WEAVING
    (品番: 20092939000330) ¥67,000+tax
  • 大草 直子(スタイリスト)
    1972年生まれ。東京都出身。大学卒業後、現ハースト婦人画報社に入社。雑誌の編集に携わった後、独立。ファッション誌、新聞、カタログを中心にスタイリングをこなすかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。2019年4月には新しいメディア『AMARC』を立ち上げた。講談社のWEBマガジン『mi-mollet』コンセプト・ディレクターでもあり、新著『大草直子のNEW BASIC』ほか、インスタグラムも人気。
    Instagram :@naokookusa  @naokookusa_styling  @amarc_official
  • Photo:Yoko Nakata(MATICCO)
    Hair & Make-up:Tomoko Kawamura
    Styling & Text:Naoko Okusa
    Edit:Ayako Suzuki(HRM)