MY HOME TOWN

変わらないこの街で、
ちょっとだけ大人になった私。

《ジャーナル スタンダード ラックス》の
AWシーズンにフォーカス。
豊かな素材感のコートやボリュームのあるニット、
デニムやコーデュロイといった秋冬ならではの
温もりのあるアイテムに胸がときめく。
スタンダード感のあるコーディネートに仕上げつつも、
大人の遊び心を感じる見所のある着こなしが、
ニューシーズンのスタートを盛り上げる。

大胆な柄のロングコートも
気負わずに、いつものように着よう

思わず目にとまる《トゥジュー》のレオパード柄コート。ちょっと大胆で、大人びたムードを放つ一着を、この秋はいつも通りの気負いないスタイルで着てみたい。赤いボーダーでカジュアルなバランスを差し込み、ブラウンのワイドパンツで心地よい統一感を。足元はスニーカーくらいが丁度いい。

ボーイズライクなパンツルックは
ほんのりと女の子らしさを添えたい

《ジャーナル スタンダード ラックス》のサスペンダー付きデニムは、やんちゃな少年みたいなフォルムが愛らしい一本。そんなボーイズ感のあるパンツには、繊細なフリルをあしらった《トゥジュー》のブラウスがよく似合う。ノスタルジックな雰囲気はそのままに、上品で女性的なエッセンスを加えるイメージで。

定番のトレンチコートは
ビッグサイズが気分

オーセンティックなアイテムに捻りを加え、旬なムードへとアップデートする《ジャーナル スタンダード ラックス》。体をすっぽりと包むビッグトレンチは、今シーズン注目の一着。クラシックなディテールを踏襲しながらも、程よくルーズでリラックス感のあるトレンチを翻し、軽快に街を歩きたい。

ローゲージのニットでつくる
グランマみたいな着こなしが好きだ

《マイディ》のチャンキーなニットベストには、人の温もりや想いが宿る。そんな優しいムードを尊重するように、ベージュのシャツワンピースを重ねてミルキーなグラデーションを作る。《シャー》のハットでクラシカルなアクセントを添えれば、お洒落なグランマみたいなスタイルが完成する。

ちょっとだけ男前なスタイルは
白シャツとラインソックスを相棒に

長年愛用したような生地の風合いと、男前なミリタリー感が格好いい《ジャーナル スタンダード ラックス》のCPOシャツ。オーバーサイズを選んでコートのように羽織ってみる。清潔感のある白シャツでベーシックなイメージを拾いつつも、ラインソックスやボリュームのあるニットのバッグで自分らしい愛嬌を添えるのがルール。

小雨が降るグレー色の空の下
素材もアイテムも、とにかく重ねて。

《ジャーナル スタンダード ラックス》のロングスタジャンを主役に、ベストやロングシャツを重ねて、少し気の早いレイヤードスタイルに挑戦。同系色の重ね着も、素材やムードの異なるアイテムを上手に選べば単調なイメージを払拭できる。寒空の下を歩く、海外の女の子のようなスタイルで。

staff
  • Directed : Kushida Masahito
  • Photograph & Styling : Takemoto Kenichi
  • Hair & Make-up : Tachibana Fusae
  • Model : Dasha Piliuk