1. HOME
  2. ブログ
  3. カラバリ豊富な《ジオメ柄カーディガン》

カラバリ豊富な《ジオメ柄カーディガン》

  • 1枚で主役級! 柄を取り入れて新鮮なコーディネートに。

  • 季節の変わり目に重宝するのがカーディガン。
    今年は柄物を取り入れて、普段のコーディネートを新鮮に見せるのがおすすめ。

    前開きのボタンがない仕様にしたことで、サッと1枚羽織りたいときにピッタリ。
    難しい印象のある柄物ですが、ぜひコーディネートも参考にしてみてください!

  • JOURNAL STANDARD

    【GEOM PATTERN / ジオメパターン】ジャガード カーディガン

    ¥7,700

  • JOURNAL STANDARD

    【GEOM PATTERN / ジオメパターン】ジャガード カーディガン

    ¥7,700

  • JOURNAL STANDARD

    【GEOM PATTERN / ジオメパターン】ジャガード カーディガン

    ¥7,700

  • JOURNAL STANDARD

    【GEOM PATTERN / ジオメパターン】ジャガード カーディガン

    ¥7,700

  • JOURNAL STANDARD

    【GEOM PATTERN / ジオメパターン】ジャガード カーディガン

    ¥7,700

  • JOURNAL STANDARD

    【GEOM PATTERN / ジオメパターン】ジャガード カーディガン

    ¥7,700

  • シャツを合わせるなら「襟なし」のバンドカラーシャツ

  • 主張が強い柄物は、無地のデザインと合わせるのがマスト。

    カジュアルなニットと、ドレス要素のあるシャツを合わることでバランスの良いコーディネートが完成します。

    ただし、襟付きだときれい目になり過ぎてしまうため、リラックス感のある襟なしシャツを選ぶのがポイント。

  • JOURNAL STANDARD

    【GEOM PATTERN / ジオメパターン】ジャガード カーディガン

    ¥7,700

  • JOURNAL STANDARD

    パターン バンド シャツ

    ¥6,600

  • JOURNAL STANDARD

    【FARAH/ファーラー】別注 ツータック ワイドデニムパンツ

    ¥11,880

  • JOURNAL STANDARD

    【CLARKS/クラークス】ワラビー JS EXCLUSIVE

    ¥15,180

  • 無地カットソーの上から羽織るだけで洒脱な印象に

  • 誰もが持っている無地カットソーの上から羽織るだけで雰囲気のあるコーディネートができます。

    ボトムスはデニムと合わせたいところですが、あえてきれい目なボトムスを合わることで、大人見えの印象に仕上がっています。

  • JOURNAL STANDARD

    【GEOM PATTERN / ジオメパターン】ジャガード カーディガン

    ¥7,700

  • JOURNAL STANDARD

    【HARDIN KNITWEAR/ハーディンニットウェア】ウルトラヘビー ロンT

    ¥5,940

  • JOURNAL STANDARD

    シームレッサ ブッチャー1P

    ¥6,600

  • JOURNAL STANDARD

    【CLARKS/クラークス】ワラビー JS EXCLUSIVE

    ¥15,180

  • デニムパンツと相性抜群なコーディネート

  • 柄物と相性が良いボトムスはやっぱりデニム。

    普段、柄物をあまり取り入れない方は、まずは慣れ浸しんだベーシックなアイテムと合わせるのがおすすめです。

    足元は子供っぽく見えないように、ボリュームのある靴でまとめるのがポイント。

  • JOURNAL STANDARD

    【GEOM PATTERN / ジオメパターン】ジャガード カーディガン

    ¥7,700

  • JOURNAL STANDARD

    【Healthknit×JOURNAL STANDARD】別注 ヘンリーネック L/S Tシャツ”染め”

    ¥6,600

  • JOURNAL STANDARD

    デニム トレイル バルーン パンツ2

    ¥6,600

  • JOURNAL STANDARD

    【CLARKS/クラークス】ワラビー JS EXCLUSIVE

    ¥15,180