1. HOME
  2. ブログ
  3. カップサイズ別!リアルな着心地レポート「覆面座談会」vo.2 | EMILY WEEK

カップサイズ別!リアルな着心地レポート「覆面座談会」vo.2 | EMILY WEEK

EMILY WEEK のアンダーウェア着心地レポート

  • 不定期で開催されるEMILY WEEK の覆面座談会。新しいシリーズやリニューアルデザインが増えているEMILY WEEKのアンダーウェアを、第一回と同様にそれぞれのカップサイズの方にお集まりいただき、実際に着用した感想を話し合っていただきました。
    司会は、エミリーウィークの企画担当であり下着の専門家 杉田が務めます。

  • ▼参加メンバー
    EMILY WEEK企画 杉田
    A子(Aカップ)・ナチュラルな胸の状態が好き。
    B子(Bカップ)・胸が離れ気味なのが悩み。
    C子(Cカップ)・骨格ナチュラルな体型。
    D子(Dカップ)・おしゃれ好き、肌が弱い。
    E子(Eカップ)・普段はワイヤーブラ。

    • <バストサイズの変化に対応!>夏仕様になった「通称:BALANCEブラ」

    • EMILY WEEK

      リヨセル/シルク プランジ ブラ for BALANCE(36-42)◆

      ¥7,480

    • EMILY WEEK

      リヨセル/シルク プランジ ブラ for BALANCE(36-42)◆

      ¥7,480

    • 杉田:お客さまから再販のご要望が多かったBALANCE時期のプランジブラですが、今シーズンは夏仕様のシルク/リヨセル生地にリニューアルしました。着用感はいかがでしたか?

      C子:もともとプランジブラのファンなんですが、シルクリヨセル生地も前回のカシミヤリヨセル生地同様にすごく肌当たりが気持ち良かったです。何故だか鏡を見たときに気持ちが上がる。このデザインで水着もあったら嬉しい!

      D子:直線的なラインがモダンな雰囲気ですよね。今回はカラーもシックなブラウンとカーキで使いやすそう。胸元のVカットが深めなので胸元の空きが広いお洋服のときにも選びやすいなと思いました。

      杉田:胸元の空きが広めで、肩までVカットが立ち上がっているデザインなので可動域が広くて動きやすく、体に馴染みやすいブラだと思います。身生地がストラップまで続いているのである程度バストを引き上げてくれる効果もある。どんな方にもフィットしやすいかなと思います。

      E子:胸を寄せるという感じはないけれど、胸の逃げ場がある感じがして、確かに体の可動域が広く感じます。

      A子:アンダーの丈が長めなのも良いですよね。私は夏はどうしても冷房冷えが気になるので、吸放湿性のある生地でお腹まわりまである丈感は安心感があって嬉しいです。ほのかな艶感も高級感があっていいなと思いました。

      • <ナチュラルに胸の形を整えられる!>「通称:FLOWブラ」

      • EMILY WEEK

        Organic Cotton Flowブラ◆

        ¥7,480

      • B子:私は普段から「FLOWブラ」を愛用してます。カップ一体型なのでお洗濯が楽なのと、洗うたびに体に馴染んでくる感じがあって。あとノンワイヤーなのに胸の横流れが少なく、少し中央に寄る感じが優秀だなと思います。

        C子:新色のカーキは色合いが下着っぽくないのがいいですね。お洋服を綺麗に着たいときに、バストのトップ位置を高く見せたい気持ちがあり「FLOWブラ」はいいなと思いました。

        D子:胸の重みをきちんと綺麗に見せてくれる感じがします。「RESETブラ」はとてもナチュラルで、、むしろ布があるだけという感じが良いのですが「FLOWブラ」は胸の形を整えてくれるのにリラックス感があり、胸が盛られすぎる感じもないです。

        杉田:モールドカップではなく不織布を内蔵しているので胸にナチュラルに馴染みやすいですよね。かつデザイン的に胸の形を整えてくれるので胸の大きい方にもおすすめのブラです。「RESETブラ」は補正という意味では機能性はありませんが、「FLOWブラ」は胸の中央で支えて内側へ寄せてくれる感じがあるかと思います。立体的なパターンなので他のノンワイヤーブラよりもバストトップが高く見えやすいんですよね。

        E子:分かります!私は胸が下がって見えるのが嫌で、普段ワイヤーブラを着用してるのですが「FLOWブラ」はノンワイヤーなのに胸が上の位置にある感じがして、それが他のノンワイヤーブラとの大きな違いだなと感じました。

        杉田:バージスラインと言われる部分に切り替えがあって、土台がしっかりしているのでアンダーを支えてくれます。ストラップもEMIYの他のブラと比較すると、引き上げる力があるものを使っています。Cカップ以上の方にもおすすめのブラですね。

      • <ブラキャミのような安心感!>「通称:OGCリブビスチェブラ」

      • EMILY WEEK

        Organic Cotton リブビスチェ ブラ◆

        ¥6,270

      • EMILY WEEK

        Organic Cotton リブビスチェ ブラ◆

        ¥6,270

      • 杉田:「オーガニックコットンリブビスチェブラ」は、リブ生地でお洋服見えするのと脇高のデザインが特徴です。

        B子:胸元の空きも浅くてブラキャミに違い着用感ですね。リブ生地でストラップも下着っぽくないから、お洋服から見えても恥ずかしくなくて良いなと思いました。

        C子:私は脇のお肉が気になるので、脇高のデザインは嬉しいです。ノンスリーブなど脇の広く開いたお洋服を着るときに合わせたいなと思いました。ナイトブラ的な楽さがあるし生地が気持ち良い。

        Eカップ:生地面積が広いので覆われている感は一番あるかもしれません。ホールド力という感じはないですが。

        D子:ホールド感はないかも、ブラキャミのクロップド丈という感覚で使うのが良さそうですね。私は胸がおされて脇に少し流れる感じがありました。

        杉田:アンダーが長めで安定感はあるのですが、カップ部分に胸を寄せるなどの機能はもたせていないので胸流れはあるかもしれません。その分楽な着用感かと思います。胸のナチュラルな形を楽しみたい方におすすめですね。

      • <待望の新型!日中もOKなナイトブラ>「通称:NEUTRALブラ」

      • EMILY WEEK

        Organic Cotton Vカット ナイトブラ(36-42)

        ¥6,600

      • EMILY WEEK

        Organic Cotton Vカット ナイトブラ(36-42)

        ¥6,600

      • 杉田:NEUTRAL時期のナイトブラは、機能性とアジャスター類を省いたストレスフリーな着心地はそのままに、デザインを今シーズンよりリニューアルしています。日中もナイトブラで過ごしたい、というご要望が多かったのでお洋服に響きにくいデザインになりました。

        D子:思っていたよりちゃんとホールドされるのに驚きました!結構きゅっとするんですね。「FLOWブラ」よりもホールド感を感じるかも、、ぜひ日中使いたいですね。Cカップくらいの方ならヨガウェアとしても使えそうだなと思いました。トレーニングウェアっぽい。

        杉田:夜寝返りを打ったり、どんな体制になっても360度ほどよくサポートしてくれるよう、カップサイドにパワーネットを内蔵しています。実際お家の中でのヨガやフィットネスにナイトブラを使うという声も良く聞きます。バスト位置が固定されると動きやすいんですよね。

        C子:全体的に引き上げられる感じが以前のデザインよりもある気がします。サイドがシュッとしているのでデザイン的にもすっきりした印象。

        E子:私はアンダー部分の切り替えのごろつきが、肌に当たるのがストレスなのですが「RESETブラ」や「NEUTRALブラ」は切り替えがないのにしっかりホールド感を感じるから好きです。あとカップサイドのサポート力が以前より増した感じがして、胸の脇流れが抑えられる感じがありますね。

        杉田:ストラップ部分の肌当たりは接ぎがなくなったことでさらに良くなったのではないかと思います。背中部分も身生地が続いているのでサポート力は一番あるかもしれません。

        本日はたくさん感想を聞かせていただきありがとうございました。

      • すべての女性の日常を、心地よいリズムに。

      • <EMILY WEEK(エミリーウィーク)>
        Harmony in Rhythm for Women's daily life.
        "日常を、心地よいリズムに。"
        EMILY WEEKは生理週間を軸に、女性の4週間のバイオリズム:Reset-Active-Neutral-Balanceに寄り添った新たなライフデザインを提案します。
        日々を頑張るすべての女性へ、それぞれに合った心地よいリズムをサポートしたい。EMILY WEEKを通じて自分と向き合うことへの喜びに出会えるよう願って。