1. HOME
  2. ブログ
  3. 肌当たりを一番に考えた吸水ショーツ | EMILY WEEK

肌当たりを一番に考えた吸水ショーツ | EMILY WEEK

EMILY WEEKの吸水ショーツは、デリケートな時期の肌当たりを一番に考え開発されました。

  • オーガニックコットン製「吸水ショーツ」

  • EMILY WEEK

    【吸水ショーツ】Organic Cotton Eco サニタリーショーツ for RESET◆

    ¥5,390

  • EMILY WEEK

    【吸水ショーツ】Organic Cotton Eco サニタリーショーツ for RESET◆

    ¥5,390

  • 引き続き世の中的にも話題となっている「吸水ショーツ」。
    EMILY WEEK のの提案する「吸水ショーツ」は肌が普段よりも敏感になり不快感を感じやすい時期に、より快適に過ごしていただきたいという想いから、全体にふんわりと柔らかいオーガニックコットン(bioRe COTTON*)主体の生地を使用しています。ナプキン約1枚分(10〜13ml)の吸水機能と防水機能を兼ね備え、抗菌防臭加工を施した3層構造の吸水ショーツ。肌に当たる面は全てオーガニックコットン95%の伸縮性の高い生地を使用しています。
    生理が始まりそうな時や終わりかけ、おりものの量が多い時などに、心地よくご利用いただけるアイテムです。

  • ▼構造

  • ▼コーディネート可能な同色同素材のブラ

  • 同色同素材によるEMILY WEEK のRESETシリーズ定番ブラの「ブラック」、NEUTRALシリーズのナイトブラ新色「バーガンディー(オールドブラウン表記)」とのブラと合わせたコーディネートが可能です。また近日予約発売予定のナイトブラ新色「ブラック」とも新たにコーディネートが可能になります。

  • ▼ナイトブラ新色「ブラック」近日予約発売予定

  • EMILY WEEK

    Organic Cotton ブラ for RESET◆

    ¥6,050

  • EMILY WEEK

    Organic cotton ナイトブラ◆

    ¥6,820

  • ▼お洗濯方法

  • 1. つけおき洗い
    清潔さを保つため、洗剤(弱アルカリ性)を溶かした40℃以下のぬるま湯に1時間ほどつけおきます
    その後、中の汚れを押し出すようにして十分にすすぎます

    2. 洗濯機で洗う
    洗濯ネットなどに入れて洗濯機へ

    3. 干す
    十分に乾かします

  • 【使用上のご注意】
    ・ご使用前に必ず一度お洗濯してください。
    ・洗濯時に漂白剤や柔軟剤を使用されると、水分をはじく場合がございます。
    ・お洗濯後は、十分に乾かしてからご使用ください。
    ・乾燥機の使用は生地を傷める場合がございます。なるべくご使用はお避けください。
    ・肌に合わないときは、ご使用をおやめください。

  • [ bioRe COTTON(ビオリコットン)とは ]

  • (画像:Panoco Trading / REMEI AG)

  • ソーシャルプロジェクトから生まれた人と環境に優しいオーガニックコットン「bioRe COTTON(ビオリコットン)」による生地を使用しています。
    スイスのREMEI(リーメイ)社が中心となり、1991年からインド、1994年からタンザニアで始められた「bioRe プロジェクト」から生まれたオーガニックコットンです。
    単にオーガニックコットンを買い取るだけではなく、この地域で暮らす人々が自立していくためのさまざまな仕組みを構築し、子どもたちへの教育、女性の自立支援にも力を入れています。また、オーガニックコットンの栽培においては極力環境に負荷を与えず、その工程は第三者認証機関による厳しい検査を受け認証されています。インド綿はとても滑らかで柔らかな肌触り、タンザニア綿は厚くふっくらとした生地感が特徴。人と環境に優しいオーガニックコットンです。

  • 日々を頑張るすべての女性の日常を、心地よいリズムに。

  • <EMILY WEEK(エミリーウィーク)>
    Harmony in Rhythm for Women's daily life.
    "日常を、心地よいリズムに。"
    EMILY WEEKは生理週間を軸に、女性の4週間のバイオリズム:Reset-Active-Neutral-Balanceに寄り添った新たなライフデザインを提案します。
    日々を頑張るすべての女性へ、それぞれに合った心地よいリズムをサポートしたい。EMILY WEEKを通じて自分と向き合うことへの喜びに出会えるよう願って。