1. HOME
  2. ブログ
  3. 【亀】の【衣】 SEDONA SANDALの回

【亀】の【衣】 SEDONA SANDALの回

【亀】の【衣】 vol.17

  • こんにちわ。
    いつもBLOGをご覧頂き有難う御座います。


    雨が続いているので、最近ショートムービーをよく見てます。(長いと酔っ払って途中から全て忘れてしまうので 汗)

    れなかなか面白かったです

  • power of ten」(1951
    チャールズ&レイイームズが作ったショートコンピュータームービー当時ならではの、スペースな世界観と発展した技術などが調和した作品。
    科学館で聞くようなナレーションも好きですね。


    漫画もそうなんですけど、短編好きなので、こんくらいのが、楽チンでちょうど良くって好きです。
    今回は夏場の楽チンアイテム。サンダルの紹介です。


    「まだ今年サンダル買ってない」「サンダルなんか良いのないかな」と探されている方は必見ですよ。

  • まずはブンド紹介から。

    SEDONA SANDAL】(セドナサンダル)
    今シーズンから、JSでも取り扱いを始めたブランドになります。


    アメリカ ゾナ州セドナの地にて2012年に誕生したサンダルメーカーになります。

    生産に関わる全ての工程を職人の手で作り上げ、
    アメリカ国内でも有数の避暑地で人気の高いセドナにおいても、絶大な人気を得ているブランドです。
    本物志向のセレブ達をも魅了しております。

    必要最小限の削ぎ落とされた無骨なデザイン、皮革表面の少々の傷は気にせず使用する実用重視の素材選定など、いかにもアメリカンワークな雰囲気が漂うサンダルを生み出すブランドです。


    近年「MADE IN USA」ブランドも、コロナ影響で、どんどん消滅してしまっています。減少している中でも貴重なシューズブランドの一つだといます。そして、ハンドメイドなサンダルなので、尚更しっかりと紹介したいアイテムです。

  • JOURNAL STANDARD

    【SEDONA SANDAL / セドナサンダル】OAK

    ¥15,950

  • JOURNAL STANDARD

    【SEDONA SANDAL / セドナサンダル】Catalina

    ¥15,950

  • JOURNAL STANDARD

    【SEDONA SANDAL / セドナサンダル】Catalina

    ¥15,950

  • 世間ではスポーツサンダルって流行ってますよね。もちろん僕もアウトドアやレジャーでよく履きます。


    だけども、やっぱりプロダクトとしてしっかりと、ご紹介したいのはレザーサンダルです。
    単純にお洒落なんで、好きなんですよね。


    まず真っ先に、このサンダルの魅力に感じる部分はレザーの使用の仕方だと思います。


    今回の3型は、コンビスウェード、エンボスレザー、パイソン(表は合皮、裏はリアルレザー)。


    スタイリングが軽くなる季節なので、インパクトのある足元だと、普段の洋服がまた違った見え方に
    変わるかと思います

  • コンビスウェードは、イエロー寄りのキャメル×ブラウンの配色。

    スゥエードならではの素材感が生かされたカラーリング。洋服との馴染みも良いと思います

  • モードな雰囲気や、ラグジュアリーなスタイリングにハマりそうなパイソン

    難易度高そうですが、普通に白シャツにブラックパンツくらいのシンプルなスタイリングに使用してもらいたいです。

  • 個人的にイチオシのエンボスレザーのスタイル
    エンボスのレザーサンダル何足か持っていますが、このスタイルはありそうで無いタイプ。ある意味、玄人向け。

    ナチュラルカラーなので、経年変化で雰囲気が増しそうです。オリエンタルな柄域も素敵。

  • サンダルって、ソールがしっかりしていないと疲れやすいんですよね。ビーチサンダルとかもそうですよね。あくまで、コンクリート向けではなく、浜辺用。滑ったり、単純に長く履いてると痛くなるとか経験ないでしょうか?


    今回のモデルはサンダルではもはや不動の地位を獲得しているBIRK SOLE (ビルキーソール)】。返りも良くて、軽い。その上、摩耗にも強いと言うことなし。様々なブランドが起用しているのも納得です。

  • ソールとアッパーの間にミッドソールも入っているので、ソールの張り替えも出来ます
    ということは、「こんな素敵なレザーを育てて、履き続けられるという事です。」


    「サンダルって消耗品」
    って思われてる方が大半だと思いますが、
    手入れ次第で何年も履き込むことができます。
    サスティナブル精神もポイント。

  • フットベッドもオイルドレザー使用していく事で、足型がつき、履き心地も良くなりそうです。

    質実剛健な釘打ちスタイルも、ハンドメイドならではのディテール。「ちょっとや、そこらぢゃ壊れへんで〜。」って意気込みさえも感じられます。

    それではスタイリング。

  • JOURNAL STANDARD

    SLOW PRINT CHINA

    ¥4,950

  • JOURNAL STANDARD

    LAYER/LAYER TUNK 2

    ¥2,640

  • JOURNAL STANDARD

    DRILL STRETCH TWIST BOOTCUT PANTS

    ¥3,520

  • JOURNAL STANDARD

    【SEDONA SANDAL / セドナサンダル】OAK

    ¥15,950

  • 店頭でも好評いただいております、チャイナシャツをワントーンでまとめたスタイリング。


    前回ご紹介した「LAYER/LAYER」のロングタンクトップが物凄く調子良いので、今回も着用してます。こんな感じで着ると、半袖シャツも暑くなく、涼しくきれますよ

  • はじめデニムで合わせようって考えてたんですが、デニムに合わせるのは誰でももうイメージできるはずなので、同色のパンツで素材活かしのコンビスウェードで。


    適度にボリューム感もあり、細身のパンツでも相性良い感じです◎もちろん、ワイドパンツで合わせるのもバッチリ。

    実は表参道店のスタッフも結構そんな感じで着用してるんですよね。
    クリックしてもらえるとリンクにとびます。

  • 「タイダイ×パイソン


    「ブラックパンツ×パイソン

  • 「ホワイトワイドパンツ×エンボス」
    ソックスで合わせるのも良いですね。年中着用出来そう◎


    「ターコイズブルー×エンボス」
    好きな色感の組み合わせ。フォークロア系

  • 前回ご紹介した「JOJO」とは、また違った「MADE IN USA」の雰囲気前回のサンダル


    足の形やスタイリングは人それぞれ。少しでも参考になればと思います。
    夏本番を迎える前に、是非揃えて頂ければと思います。


    それでは本日はここまで。最後までお付き合いして頂き、有難う御座いました。

  • 【食memo
    L'ECHOPPEのぺラオこと小坂パイセンと定期的に活動している「両面良く焼き隊」。餃子「両面良く焼き」に、大量のコショウをかけると、お酒が止まらなくなるブツになりますよー。天津飯は「塩ダレ餡ダク」で。