1. HOME
  2. ブログ
  3. 【亀】の【衣】 BJ CLASSICの回

【亀】の【衣】 BJ CLASSICの回

【亀】の【衣】 vol.12

  • こんにちわ。
    いつもBLOGをご覧頂きありがとうございます。



    今回は眼鏡のお話。今回紹介するブランドも、眼鏡のブランドになりますので、色々お話できればと思います。お付き合いくださいませ。

  • 私物のvintage RAY-BAN

  • 皆さん眼鏡はかけますか?



    ぼくは単純に目が悪いので、普段から良くかけます。無いと結構大変だったりします。目が元々細いので、サングラスが無いと目が開いてないくらいの細さになるので、無いとなかなか困ります。




    vintage から、ハイブランドのアイウェアまで色々かけてきました。
    (ベルンハルト×リンダフォローのバットマンみたいなやつとかもかけてました。汗)

    色々かけてきた結果、made in japanの眼鏡の凄さに気づかされました。




    何が凄いのかは、ぼくの知識だけでは、弱い部分もあるので、ブランド情報も一緒に紹介していければと思います。

  • いきなり私物になってしまいますが、昨年、表参道店にてPOP-UPも開催したアイウェアブランド。【BJ CLASSIC




    その際に購入させて頂いたアイテムになります。チタンフレームの物凄く軽いモデルで1日かけてても、かけている事を忘れるくらいの掛け心地。お気に入りです。(この時かなり、もじゃもじゃしてますね笑)





    そんな【BJ CLASSIC】が今年も入荷しましたのでご紹介致します。

  • まずはブランド詳細から。


    BJ CLASSIC COLLECTION

    「時代の流れに翻弄されることなく、
    自分というものを貫く力を宿したアイウエア。
    その人の人生に欠かせない相棒のような存在に
    BJ CLASSIC COLLECTION がなれたらと思う。
    ベーシックだからこそ、あなたの強い個性を放つものに。
    クラシックだからこそ、品格と永遠性を宿すものに。
    100年以上続く鯖江職人の技と心が生み出す
    次の世代にも受け継がれる1本に。」




    クラシックで普遍的なオリジンなデザインを、全て職人によって一本一本ハンドメイドで仕上げる拘りっぷり。
    vintageなども凌駕するプロダクトを作っているブランドになります。



    では早速、商品紹介。

  • JOURNAL STANDARD

    【SUNSHIFT by BJ CLASSIC】 S-P551

    ¥37,400

  • JOURNAL STANDARD

    【SUNSHIFT by BJ CLASSIC】 S-P551

    ¥37,400

  • JOURNAL STANDARD

    【SUNSHIFT by BJ CLASSIC】 S-P551

    ¥37,400

  • アメリカンテイストな、ベーシックなウェリントンタイプ。
    もちろんこちらは、セルロイドフレーム。




    現在、眼鏡に使用されるフレームの大半がアセテートになっております。
    プラスティック感が強く、テカテカな光沢感がでてしまう素材。




    本来元々、vintageも含め、眼鏡のフレームといえばセルロイド素材が一般的でした。セルロイドは、形状保有力、色、マットな質感、艶、フィット感などがアセテートと比較にならないくらい良い材質です。




    そのかわり、温度などの管理を徹底しないと発火する危険性もあった為、機械での成型などが難しく、
    大量生産に不向きということで、アセテートに移行していったという訳です。





    いわゆるプロダクトあるあるですが、良い物や時間やコストがかかる物は消滅してしまう現実。
    でも、拘った物を使用していきたいのであれば、確実にセルロイドがやっぱり良いんですよね。
    だからこそ、BJ CLASSICは全て職人が品質管理をしながら、一つ一つハンドメイドで作っているのです。




    素晴らしい拘りです。プロダクトとして、日本ブランドの誇りさえ感じられる仕上がり。

  • JOURNAL STANDARD

    【SUNSHIFT by BJ CLASSIC】 S-C510N

    ¥39,600

  • JOURNAL STANDARD

    【SUNSHIFT by BJ CLASSIC】 S-C510N

    ¥39,600

  • JOURNAL STANDARD

    【SUNSHIFT by BJ CLASSIC】 S-C510N

    ¥39,600

  • こちらは、セルロイド×βチタンのコンビネーション。チタンは、金属アレルギーやサビ、掛け心地なども含め、現状、眼鏡に一番向いている金属になります。




    この2型は「SUNSHIFT」といった、調光レンズのアイテムです。




    最近良く聞く名称ですが、いわゆる「明るい所ではサングラス」に、暗い所では「クリアレンズ」になる
    魔法のレンズを備えたアイテム。しかも、ブルーライト、紫外線カットもするハイテクな眼鏡になります。伝統的なプロダクトにハイテクな技術。まさにハイブリッド。

  • JOURNAL STANDARD

    【SUNSHIFT by BJ CLASSIC】 S-C510N

    ¥39,600

  • JOURNAL STANDARD

    【LOOPWHEELER / ループウィラー】 for LOWERCASE C/N

    ¥15,400

  • 半袖スウェットとコンビフレーム。
    ラフになり過ぎず、大人の方にも提案したいイメージ。
    フィット感も物凄くよく、掛けたほうが軽く感じるくらいです。驚



    レンズもカラーもスモークがかる程度なんで、自然な雰囲気に。
    うっすら色が入る程度が今ちょうど良い雰囲気ですよね。

  • JOURNAL STANDARD

    【BJ CLASSIC】JAZZ SG

    ¥41,800

  • JOURNAL STANDARD

    【BJ CLASSIC】 PREM-137 LT SG

    ¥35,200

  • JOURNAL STANDARD

    【BJ CLASSIC】JAZZ SG

    ¥41,800

  • JOURNAL STANDARD

    【BJ CLASSIC】 PREM-137CW LT SG

    ¥37,400

  • セルフレームのJAZZ」。BJ CLASSICの中でも代表作。
    50sのクラシックな雰囲気。セルフレームに抜群に合う存在感。



    チタンにセルを巻いた「PREM-137CW LT SGどちらも男らしさの中に色気も感じられるスタイル。

  • JOURNAL STANDARD

    【BJ CLASSIC】 PREM-137CW LT SG

    ¥37,400

  • JOURNAL STANDARD

    【O.K/オーケー】 オッパイシャツ

    ¥8,470

  • 柄シャツとデニムショーツと、革靴。
    半袖とショーツでも、小物や足元が違うだけで雰囲気変わってくると思います。




    少し知的な印象でましたかね?ノーズパットも入ることで、掛け心地も抜群。ほんまに1度かけて頂きたいくらい良いです。

  • JOURNAL STANDARD

    【BJ CLASSIC】 SIRMONT SG

    ¥44,000

  • JOURNAL STANDARD

    【BJ CLASSIC】 SIRMONT SG

    ¥44,000

  • 男らしさを出したいクラシック派に、お勧めな「SIRMONT SG」。
    マルコムXも着用していたモデル。AMERICAN OPTICALの名作モデルです。クラシックで素敵です。

  • JOURNAL STANDARD

    【BJ CLASSIC】 COM-510N NT SG

    ¥38,500

  • JOURNAL STANDARD

    【BJ CLASSIC】 COM-510N NT SG

    ¥38,500

  • ラウンドしたフォルムがかわいらしい「 COM-510N NT SG」。
    女性の方にもお似合いになるかなと。




    眼鏡自体、やはりケアやメンテナンスも適度に必要。急にレンズの色変えたくなったりする事もでてくるかも。



    そうなった時も安心。baycrews にて、アイウェアの専門店がございます。

  • こちらでメンテナンスからフィッティングまで全て行ってくれます。
    ぼくのBJ CLASSICもこちらでレンズ交換からメンテナンスまでやっていただきました。眼鏡のプロ揃い。是非どうぞ。





    たくさんご紹介しましたが、顔の形に合わせたり、スタイリングに合わせたり、眼鏡ひとつでコーディネートの雰囲気は間違いなく変わると思います。せっかくなら、長年楽しめる眼鏡を新調してはいかがでしょうか?店頭にて是非、ごらんくださいませ。




    それでは、今回はこれにて終了致します。
    次回はお待ちかねのオーダーフェアイベントの御案内予定です。
    是非、お楽しみに!それでは、本日もお付き合い頂き、ありがとうございました。










    【食memo
    最近、ハマりにハマっている「ソーセージ」。
    なかでも「ポールウインナーソーセージ」がダントツに好き。
    パッケージもなんか好き。(ポールウインナー中毒)