1. HOME
  2. NEWS
  3. ホーロー鍋の概念を覆す!独創的な技術とデザインが融合したキッチンウェア

ホーロー鍋の概念を覆す!独創的な技術とデザインが融合したキッチンウェア

2017.10.20
BOICE FROM BAYCREW'S

日本が世界に誇る職人の技と情熱が創り出した唯一無二の“極薄”鋳造鍋は一度使ったら手放せないキッチンの必需品


"「キッチンウェア」の新たな価値を、世界に発信」をコンセプトに、三条特殊鋳工所が開発・製造したのが《UNILLOY》です。
新潟県の燕三条と言えば、江戸時代から培われてきた鍛冶職人の技術を現代に継承し、今でも優れた鋳物の街として有名ですが、そんな燕三条の街に1961年に創業した三条特殊鋳工所は、自身のルーツである職人のDNAを伝承し、新たな価値へと昇華させたいというモノづくりに対する情熱が、《UNILLOY》誕生の原動力となりました。

《UNILLOY》が誕生する前、精密機械部品などを中心に鋳物づくりをしていた時代には、モノの値段が重さで決められ、「軽量で扱いやすい」というモノの本質と価値が認知されていませんでした。
「このままでは、技術向上への意識や文化が薄れてしまう」。という危機感を募らせていた頃、とあるアウトドアブランドから極薄鋳造鍋の製作を依頼されたことがキッカケとなり、薄く軽いのに丈夫で壊れにくいという高い要望に応えるための試行錯誤の中で、揺るぎない自信と進むべき道のヒントを手にしました。徹底したユーザー目線で使いやすさを追求した鋳物ホーロー鍋は完成までに実に2年の歳月を要し、その間約200回を超える試作を繰り返した《UNILLOY》は、鋳物ホーロー鍋の概念を覆し、独創的な技術力を結実させた商品になりました。


《UNILLOY》の魅力は、伝統の技術力だけではなく、そのデザイン性の高さにもあります。キッチンウェアに新たな価値を創造するために、技術力を最大限に引き出すデザインを手掛けたのは、1983年に発表されて世界的な評価を獲得し、今でも評価され続ける《グローバルナイフ》のデザインでも知られる山田耕民氏。使い勝手はもちろんのこと、テーブル・サーブの際にも全く違和感のないデザインに仕上がっています。

《LE CREUSET》や《STAUB》の海外デザインも魅力的ですが、日本独特の技術力とデザイン性を感じられる《UNILLOY》は、Boiceイチオシのテーブルウェアです! "

  • 17090116000038
  • 17090116000138
  • 17090116000238
  • 17090116000338
  • 17090116001930
  • 17090116002030