1. HOME
  2. NEWS
  3. スタイリスト樋口かほり提案 初夏に纏いたい大人のリラックスコーデ

スタイリスト樋口かほり提案 初夏に纏いたい大人のリラックスコーデ

麻素材やアウトドアブランドの 着心地のいいアイテムをピックアップして、 スタイリストの樋口かほりさんが考える リラックスムードなスタイルをお届けします。

2018.06.13
FRAMeWORK

スタイリスト樋口かほり提案
初夏に纏いたい大人のリラックスコーデ

麻素材やアウトドアブランドの
着心地のいいアイテムをピックアップして、
スタイリストの樋口かほりさんが考える
リラックスムードなスタイルをお届けします。

  • 18051220540020
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。
  • 今季も外せないモダンなシルバーアイテムがメリハリをつける
    「カジュアルな麻素材には、サマースタイルをぐっと引き立てるシルバーのアクセサリーをONするだけで、洗練された大人の装いに早変わり。さらに、茶×白の組み合わせが主流ななか、あえてボトムに濃紺を起用するのもシック」
  • 18051220540020
  • 18060220528020
  • 18091230004310
  • 18091230004410
  • 18093230001610
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。
  • 着崩すことで生まれるバランスのとれたリラックス
    「トップスをボトムにタックインするアレンジで、ゆったりシルエットの合わせがスタイリッシュな印象になります。ゴールドのバングルと、見せるコーデが楽しめる旬のクリアバッグの小物使いで、女性らしいリュクス感も意識」
  • 18051220540020
  • 18030220344020
  • 18091230000510
  • 18092230006810
  • 18093230002710
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。
  • 18070220633020
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。
  • クリーンな美しさが目を引くオールインワンルック
    「しなやかに揺れる素材の黒は、強い日差しにきれいに映えるので実は夏もおすすめ。主役の黒とフラットサンダルのマニッシュさに、パールや華奢なアクセで女性らしいディテールを効かせれば、都会的なミニマムルックが完成します」
  • 18070220633020
  • 18091230004810
  • 18091230000810
  • 18091230000710
  • 18093230001510
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。
  • 対照的なテイストをMIXさせた大人のギャップ感
    「袖をカジュアルにロールアップ、前ボタンも大胆に外したメンズライクなエッセンスを生かすべく、足元や小物は女性らしいアイテム全開なものをチョイス。ほどよいきちんと感がデイリーでもしっくりくる万能スタイルです」
  • 18070220633020
  • 18051220540020
  • 18091230000410
  • 18092230005910
  • 18093230000610
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。
  • 18060230001710
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。
  • レイヤードで一気に旬のマキシスタイルに
    「一枚で主役になる、マキシ丈アイテム同士をレイヤードするだけでこなれ感アップ。ワンピースのスリットから覗くスカートの柄と丈のアンバランスさがその効果の秘密です。ウィークエンドを盛り上げる小物選びも重視して」
  • 18080220211020
  • 18060230001710
  • 18050220509220
  • 18092230005610
  • 18093230001510
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。
  • インパクトある柄にはカラー使いのテクニックを
    「気負わずにフラワープリントを魅せるには、ワントーンでまとめるのが正解です。統一感があると柄も丁度よく際立ってバランスが◎に。締まりのあるネイビーカラーがメインなので、全体にヌード感も出して女性らしく仕上げます」
  • 18070220634020
  • 18060230001710
  • 18092230005010
  • 18093230001410
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。
  • 18080220210010
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。
  • 抜けのテクできれいめをカジュアルに落とし込む
    「白×大人ピンクのグラデーションが一見レディな印象。そこにヘビ柄ストラップのビーサンをピックアップして、シャツをルーズに着崩せば一気にエフォートレスへとシフトします。レザーのカゴ型バッグもリラックス感をチャージ」
  • 18080220210010
  • 18050220509220
  • 18060220528020
  • 18092230002310
  • 18093230002710
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。
  • インナーにも気を配るのが大人のシンプル
    「究極シンプルなスタイルこそアイテム選びは重視したいので、厚手で透け感のあるトップスをセレクト。デイリーには白のキャミ、リゾートには黒のビスチェなどプレーンなアイテムを中に着て、ヘルシーに整えるのもポイント」
  • 18080220210010
  • 18030220536120
  • 18091230004510
  • 18093230001910
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。
  • 18030220327020
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。
  • シンプルに仕上げながら肌が出るデコルテにアクセを
    「ほどよいワイド幅と短め丈のパンツに挑戦する際は、統一感ある色を合わせてワントーンを心がけるのが成功のカギ。ただし、全体がアンニュイにならないようパールのアクセでポイントをつけ、メリハリを出すのをお忘れなく」
  • 18080220208020
  • 18030220327020
  • 18091230004710
  • 18092230002410
  • 18093230001910
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。
  • 重さを置く場所を決めて好バランスに
    「重心を下に、上は華奢に。ハンパなパンツをレイヤードしたい気分ならこの法則を押さえておくと◎。ヌードな顔周りにはインパクトあるアクセで華を添えれば、洗練された大人のカジュアルスタイルに仕上がります」
  • 18040220517020
  • 18030220327020
  • 18092230000810
  • 18093230001810
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。