1. HOME
  2. NEWS
  3. かつて一世を風靡したJas-M.B.のデザイナーが作る気分のバッグとは?

かつて一世を風靡したJas-M.B.のデザイナーが作る気分のバッグとは?

2018.03.22
BOICE FROM BAYCREW'S

Jas-M.B.を知っている人も知らない人も、両方を満足させる《MAKE WHAT YOU WILL》のバッグ

バッグの買い替え時はなかなか難しいもの。
特定の好きなブランドがあれば新作が出るたびに欲しくなることもあるけど、同じようなものを何個も買う必要はないし、何だかんだ好きな形は決まっているし…。 ただ、もし「出会って」しまったら話は別。

皆さんの中にも、Jas-M.B.というバッグブランドを覚えている方がいらっしゃるのではないでしょうか?

Jas-M.B.は、10年程前にモードとストリートのエッセンスを融合してバッグで、メンズバッグシーンを席巻したブランドで、特にレザーのボストンバッグは定番という枠を越えて1つのカテゴリーを作ったと言っても過言ではないと思います。
それまで、メンズのバッグといえば大きく分けるとトートバッグかバックパックの2択のようなものでしたが、Jas-M.B.はボストンバッグというアイテムで新たな選択肢を提示し、高感度なセレクトショップやメディアを通じて瞬く間に広がって行きました。 イギリスの伝統的な素材や技術を用いながら、クラッシック過ぎないデザインでコンテンポラリーに仕上げられていたこともポイントだったと思います。

時が流れて、そんなJas-M.B.のデザイナーであるJas Sehmbi氏が新たに立ち上げたブランドが今回ご紹介する《MAKE WHAT YOU WILL》です。 Jas-M.B.を知っている方はもちろんのこと、知らない若い方にも使って欲しいということで、《MAKE WHAT YOU WILL》ではナイロンやキャンバス素材を中心に展開されており、Jas-M.B.の雰囲気を持ちながらも、しっかり今の気分にハマる仕上がりなのです。


コーデュラナイロンを用いたオンとオフの両方に使えるキレイめカジュアルなバッグパックやメンズとしては珍しいキルティングデザインのショルダーバッグ、2・3日程度の旅行や出張に非常に便利なキャリーバッグなど、従来のJas-M.B.のイメージとは異なりながらも、どことなく品のある佇まいが魅力的。特に、ポイントでアクセントとして使われているレザーからはJas-M.B.を感じます。
ナイロンやキルティングなどミリタリーなテイストをたたえながら、随所にコンテンポラリーでモードなテイストも垣間見えるバッグは、まさに今Jas Sehmbi氏自身がやりたいことなのでしょう。

当時、Jas-M.B.がお好きだった方だけではなく、今回初めて知ったという方にも是非使って頂きたい《MAKE WHAT YOU WILL》のバッグ。オススメです!

  • 18092114000710
  • 18092114001110
  • 18092114001010
  • 18092114000810
  • 18092114000910