1. HOME
  2. NEWS
  3. 《tiit tokyo》東京コレクション期待の新進ブランドが描く女性像とは?

《tiit tokyo》東京コレクション期待の新進ブランドが描く女性像とは?

2018.02.06
BOICE FROM BAYCREW'S

テキスタイルにこだわり、ストリートテイストとは一線を画す上品かつフェミニンなブランドからのファーストデリバリー

2018春夏シーズンから新規で取り扱いを開始した《tiit tokyo》から早くもファーストデリバリーが到着!


「日常に描く夢」をコンセプトに、上品かつフェミニンな女性像を提案している同ブランドは、東京コレクションに参加している注目の若手ブランドの1つで、産地とともに作り上げる繊細な色使いの素材を用いて、若すぎず、落ち着きすぎてもいない絶妙なバランス感で作られる洗練されたデイリーウェアは、新しい大人の女性像を描いているように感じます。
春夏シーズンの第一弾として、ブランドらしいグラフィックが印象的なプリントTシャツや長めの着丈でも全く重さや野暮ったさを感じないスプリングコートなどバイヤーイチ押しの商品が到着。
中でも、シルクや和紙、コットンの混紡で織られたツイードを用いたカーディガンジャケットは、素材にこだわりを持つ《tiit tokyo》らしさを強く感じたアイテムです。


大都市の郊外に、大きな紫色の湖を中心に据えた架空の町を描き出し、ごく近い将来の桃源郷を投影し、「パープルレイク」をテーマにした春夏シーズンは、同ブランドの理想が反映されたコレクション。
今後さらなる活躍が期待される若手デザイナーをいち早く取り入れてみてはいかがでしょうか?