1. HOME
  2. NEWS
  3. 沖縄県読谷村の小高い丘に工房を構える陶器工房 壹のうつわ。

沖縄県読谷村の小高い丘に工房を構える陶器工房 壹のうつわ。

2018.01.16
journal standard Furniture

作り手/壹岐幸二 素材/陶土 地域/沖縄県・読谷

柔らかな陶器の白肌に彩られるコバルトの大胆な絵付け。
沖縄陶の特徴的な加飾技法は南国沖縄らしい明るく透明な光を纏います。
一般に「染付」とは呉須やコバルトで素地に直接絵付けを施し、
その上から透明釉などを掛ける“釉裏青”であるのに対し沖縄は伝統的工程上、
絵付けは筆の伸びにくい透明釉上に施すこととなりますが、
それがタッチの大胆な独特の加飾技法となり今日の沖縄陶を特徴づけています。


かつて民芸運動家の大家、濱田庄司氏に「卵の殻のような白」と絶賛せしめた
沖縄の白生地に陽光溢れる沖縄らしい爽快な線が大胆に踊る 素朴で愛らしい仕上がりとなります。

陶器工房 壹では工房設立当初から手掛ける「染付」シリーズとして展開しております。

  • 17014942017470
  • 17014942017370
  • 17014942017570
  • 17014942017670