1. HOME
  2. MAGAZINE
  3. EDIFICEオリジナルダウンはなぜ売れているのか? 《後編》

EDIFICEオリジナルダウンはなぜ売れているのか? 《後編》

今年は例年以上にアウター戦線が盛り上がっている中、EDIFICE(エディフィス)のオリジナルダウンジャケットは完売スピードがズバ抜けている。その理由を、キーマンであるEDIFICEプランナー山本が2回に渡ってお伝えします。

2017.11.28
エディフィス山本さん 机に黒ダウン広げて話している

街馴染みのいいシルエットと高機能の融合

「エディフィスではさまざまなダウンジャケットを取り扱っていますが、お客様が求めるニーズは都会的なシルエット、いわゆる細みです。創業当時から継続しているこのダウンジャケットは毎年アップデートを繰り返しています。そこから誕生した1着は寒い冬に対応できる機能性とデザインを上手にミックスさせることで、高い評価を獲得しています。実際にECサイトでも夏頃から予約数が伸びていて、その数字を見るとこだわって作った甲斐を実感しますね」


黒ダウンジャケット ファスナー部分

ドレスライクなデザインに抜群の保温性を搭載

「表地にはポリエステル×ウールの混紡糸を使い、スーツのような見た目にアレンジされています。機能面でいうと、中綿には長い期間飼育され成熟した水鳥の親鳥から採取した羽毛・河田フェザーを採用。650フィルパワーを誇り、ふっくらとした風合いながもタイトなシルエットにまとめ、高い保温性を保ちつつも弾力性があり、長く愛用できるのがポイントです。着脱可能なフードを付属させ、裾部分にドローコードを付属させたり、メタルファスナーを使うなど、定番デザインにアレンジを加えています。またシルエットも全体的にコンパクトにまとめていて、ドレスライクな着こなしにしっくりと馴染むようにしています」


黒ダウンジャケット着用カット インナーネイビー

巧みに素材を使い分けることでこなれた着こなしに

河田フェザーのふっくらとした風合いをスリムなシルエットでアレンジ。そこにウール×ポリエステルの混紡糸が持つツヤ感のおかげで、カジュアルでもドレスな着こなしにも対応、大人の上品さを演出できます。

ダウンフードブルゾン¥32,400(税込)
EDIFICE 品番:17011300309030


前編では、ダウンが生まれた ”誕生秘話” を公開中!
>>前編はこちら





山本啓示

EDIFICE プランナー 山本啓示(やまもとけいじ)
EDIFICEに新卒一期生で入社し、以後16年間企画に携わる山本さん。ユーザーのニーズにしっかりと応えつつも旬を加味したアイテムを提案することをモットーとしている。

photo/Naoto Otsubo text/Masanaga Miyajima