1. HOME
  2. MAGAZINE
  3. 初夏が待ち遠しいIENA(イエナ)で出逢える、お出かけ服

初夏が待ち遠しいIENA(イエナ)で出逢える、お出かけ服

やわらいだ風や木々の薫りを感じる季節の始まり…スプリングコートや羽織りに、さよならして「IENA」の新作とともにハンド&フットネイルでオシャレ計画を。

2017.05.11

フレンチフェミニンなお出かけ服には手足のネイルも欠かさずに

 IENA

画像1

可憐なフリル、ウエストギャザー、裾の切りっぱなしなど大袈裟すぎないアレンジが詰まったノースリーブタイプのホワイトカラー。着心地という、初夏にふさわしい心地良さをリネン100%の生地感とともに運んできてくれました。こちらは「ありふれた日常に、ちょっとした非日常を」をコンセプトに展開する「IENA LA BOUCLE」から発表された新作。プレスルームでこのトップスに出逢った瞬間、自然と脳裏をよぎったのはフレンチフェミニンなスタイリングへの誘い。

まずは無造作に後れ毛を楽しみながら髪の毛をギュッと縛り、被り方の加減次第でオシャレの幅も広がるグログラン素材のリボン結びカンカン帽を筆頭株主にしてみる。次にMade in Japan、コットン仕立て、ウエストまわりのプチフリル使い、適度な広がりを感じられるハリ感のあるコットン仕立ての裏地付きパープルのサーキュラスカートを迷わずセレクト。首元にはヴィンテージ風な立体的フラワーモチーフが13個連なったクリアストーン付きチョーカーを。足元には白ステッチ&コットンパールアレンジが粋なアンクルストラップのフラットシューズでヌケ感を。

時には行く先を決めてから服を選ぶのではなく、コーディネイトから発想したお出かけ先を決めるのも、ファッションを謳歌する1つの醍醐味かもしれません。


フラワー系×ミラー効果の相反する甘辛がイマドキな手足へ

 フラワー系×ミラーネイル

画像2

お洋服の雰囲気に添うような甘さを残したハンドネイル。初夏を彩るお花畑のような可愛さは女子力も高めてくれそうです。それとは相反するフットネイルのペディキュアには優しさのあるピンクベースにミラーネイルを採用。あえて表情の異なる甘辛MIX なデザインを楽しむのも‘‘イマドキネイル’’に近づくには、必要な要素かもしれませんね。


  • 17060900403010
  • 17091910003810
  • 17095910001610
  • 17093910014610
画像1:トップス¥16,200(税込)/参考商品、スカート¥15,120(税込)/IENA、チョーカー¥37,800(税込)/GREN、ハット¥20,520(税込)/ANTHONY PETO、サンダル(ヒール1.5cm)¥23,760(税込)/TSURU by MARIKO OIKAWA(以上Maison IENA)
画像2:ジェルカラーネイル<10本価格>¥10,800〜(税込)/Primarily-b三宿店(primarily-b.com)

IENA LA BOUCLE
住所:東京都新宿区新宿4-1-6 NEWoMan新宿 4F
電話:03-3226-5100
Maison IENA
住所:東京都目黒区自由が丘2-9-17
電話:03-5731-8841

photo/Osami Watanabe edit&styling/Ai Utsuno Produce/Yuko Ushioshi|3473a.jp editorial team<Puzzle Ring inc.>