1. HOME
  2. MAGAZINE
  3. パリジェンヌを意識したクリエーター系のある日のONスタイル

パリジェンヌを意識したクリエーター系のある日のONスタイル

遊びゴコロも実践できるのがファッション業界に近いエディター、クリエーター系などなど。コレクションやランウェイの清潔感のある程よいミックスさも参考にしたい。

2017.03.17

ベーシックなアイテム同士もアレンジ次第でこなれスタイルに

 ベーシックアイテム

画像1

クリエーター系のONスタイルは意外にnoルール。相手に不快感を与えず、ある程度のT.P.O.を備えていれば上司からも文句は言われないのでお仕事着でも流行を楽しむ術はお手のモノ。そこで注目なのがマットゴールドの大きめボタンが6つ付いたニット地のVネックノーカラーのジャケット。コットン50%、アクリル50%で配合のニットなので肉厚感もありニット風味でもハリ感は期待できるから今季のカジュアルジャケットとしては見逃せない1着に。袖にはスリットもあるのでボトムスをレーススカートや、インナーにワンピースを合わせた時など、袖の折り返しで一工夫違ったジャケット技も味わえます。単なるお仕事ジャケットにしないテクニックとしてはシルク100%のスカーフを首元に添え、耳元、腕元にはインパクトなゴールドアクセサリー、足元はIENA別注オーダーのシルバーレザーにグログランリボンのレースアップフラットシューズを添えて適度な華やかさとパリっぽいコーディネイトを演出。手元には流行のフェザーモチーフをどうぞ。


アテンションも高いフェザーモチーフが気になる

 フェザーモチーフネイル

画像2

お仕事スタイルでもある程度のネイルアートが女性らしいキレイの身だしなみ、として社会においても認められつつある昨今。さまざまなネイルアートやデザインに挑戦するワーキングガールが増えてきた様に思います。せっかく指先に投資をするならば視線を集めやすい流行モチーフはいかがでしょう?今季は繊細な羽根をシックで大人っぽさ漂うカラーリングで表現したフェザーモチーフが特に人気の兆し。ご紹介した片手アートのように5本のうち3本にアートを取り入れるのではなく、片手4本はベーシックトーン1色カラーで、人差し指1本だけアートを取り入れてみても、さりげないオシャレを実感できそうです。


  • 17080900718010
  • 17096910000010
  • 17091910003010
  • 17091910002810
  • 17093910014810
画像1:ジャケット¥29,160(税込)/IENA、スカーフ¥11,880(税込)/manipuri、ピアス¥18,360(税込)/SABRINA DEHOFF、バングル¥17,280(税込)/SABRINA DEHOFF、バレエシューズ(ヒール 0.9cm)¥23,760(税込)/TSURU by MARIKO OIKAWA(以上すべて IENA LUMINE新宿店)
画像2:ジェルカラーネイル<10本価格>※但しアートは別料金¥5,940(税込)〜/QUOLL
IENA LUMINE新宿店
住所:東京都新宿区西新宿1-1-5 ルミネ新宿1 3F 電話:03-5908-2440

Photo/Osami Watanabe Edit&Styling/Ai Utsuno Produce/Yuko Ushioshi|3473a.jp editorial team<Puzzle Ring inc.>