1. HOME
  2. MAGAZINE
  3. 春の”ライダース”。さわやか&男前に着こなすおしゃれコーディネート

春の”ライダース”。さわやか&男前に着こなすおしゃれコーディネート

ハードな印象の”ライダース”。春先のコーディネートには軽やかさテイストをプラスしたいもの。気軽に羽織れるおすすめのライダースジャケットをご紹介します。

2017.03.14

ベーシックなブラックは定番シングルデザインを

JOURNAL STANDARD relume ラムレザーシングルライダースジャケット

入門編としてもおすすめの定番シングルデザインのライダース。ブラックをチョイスして、すっきりとした着こなしにまとめるのが春のおすすめコーディネートです。柔らかな質感のラムレザーは着心地も抜群。どんなスタイルとも合わせやすいミニマルでシンプルなデザインは、ナチュラルカラーのインナーと合わせて。上下スウェットの楽ちんカジュアルの上に羽織ってもすっきりとなじむ1着です。やや抜け感のあるスタイリングにまとめるのが◎。


  • 17011464013110

軽やかに着こなすなら、鮮やかなブルーをチョイス!

“B.C

春のライダースなら、軽やかなスタイリングと良く合うカラーアイテムをチョイスして。今季トレンドのブルーは注目カラー。ホワイトのTシャツやカットソーの上にさらりと羽織りたい1枚。きれいなブルーなので、コーディネートもきれいめに仕上げるのがおすすめ。ラインのきれいな細身のパンツはグレーを選ぶのが◎。裏地のストライプデザインも見せたくなるようなさわやかさがポイントです。


  • 17011720300410

気軽に着るならフェイクスウェードでレイヤードを楽しむ

“B.C

ライダースを着るときは少しカッコつけたくなりがち。気軽に羽織るなら、フェイクスウェードのシングルライダースがおすすめです。フェイクスウェードならではの素材感はもちろんのこと、取り扱いやすさ、そして価格も魅力の1枚です。カラーはブラックとキャメルの2色展開。ライトアウターとして様々なレイヤードを楽しむなら、春先はキャメルが◎。シンプルなデザインなので、小物使いで遊ぶのもGOOD。トレンドのデニムアイテムと合わせれば旬な着こなしに。


  • 17011720303810

ホワイトシャツに重ねてすっきりと着こなすノーカラージャケット

JOURNAL STANDARD TS(S) / ティーエスエス : カラーレスZip-upライダースジャケット

ややショート丈のコンパクトなノーカラージャケット。TS(S)らしいきれいなカッティングが印象的な1着です。すっきりとしたデザインは、春先の爽やかコーディネートにぴったりのアイテム。落ち着きのあるネイビーカラーも魅力的です。少し長めのホワイトシャツに重ねて、レイヤードを楽しむのも◎。ノーカラーなので、首回りの小物使いで遊んでみましょう。


  • 16011610009330

春先のライダースコーディネートは、ハードテイストを少し押さえて、柔らかくきれいにまとめるのがおすすめです。カラーで遊ぶも良し、シンプルデザインを選んでインナーや小物で工夫をプラスするも良し。様々な組み合わせで、ライダースを気軽に着こなしましょう。