1. HOME
  2. MAGAZINE
  3. NOBLEプレスがおすすめするニット5選! 着まわしスタイリングバリエ術

NOBLEプレスがおすすめするニット5選! 着まわしスタイリングバリエ術

2019.10.25
NOBLE

ようやくニットが気持ちよく着れるシーズンの到来!
今年はニットの当たり年といわれていて巷はニットで溢れています。
そんなとき何を基準に選べばいいか?どんなニットが着まわしやすいのか?
ブランドのおススメアイテムを知つくし、かつ雑誌掲載が多い人気アイテムも知っている
PRESSならではの目線で選んだ最旬ニットとスイリングをご紹介します!

ジャケットを合わせて王道スタイル
「定番のアンサンブルニットもNOBLEおススメはハイネックなのがポイント。今年のトレンドでもありますよね。インナーはジャストサイズ、カーディガンは少し身体が泳ぐくらいのサイズ感。セットで着るのは勿論ですが今年ならさらにジャケットを合わせてレイヤードを楽しんで欲しいです。デニムやビットローファー、ゴールドバックルのバッグを合わせて90年代のムードで着こなすのが気分です。スカーフやネックレスなど自分のお気に入りの小物でさらに味付けしても楽しいですね」

  • 19080240506040
  • 19010250000630
  • 19030250001430
  • 19092250007430
  • 20093250002410
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。

インに着たり小物にしたり着こなしにひと工夫
「セットで着たり、単品で別に着たり何通りにも使えるのがアンサンブルニットの魅力。今年はストールのように肩に巻きつけるのも大ブームですね。Vネックのオールインワンに、更にVネックのコートを羽織ることでインナーのハイネックが映えるレイヤードスタイルに、カーディガンは小物として肩にかける。シンプルに肩掛けするだけでも今っぽく、そして顔回りが明るくなる効果もあります。ボタンを全部あけてマフラーのようにグルグル巻きにしてもよし、自分なりの巻き方を見つけてみて下さい」

  • 19080240506040
  • 19040250004930
  • 19020240707030
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。

ネックの折り返し方がポイント
「ざっくりとした編地やボリュームスリーブが目を引くニット。私のこの秋一番の お気に入りのニットでスタイリストの皆さんにも一番人気が高いニットです。一枚で着ても間違いなくかわいいのですが、一工夫してシャツをインに。その際ネック部分は普通に折り返すのではなく内側に折り返して。ネックにボリュームが生まれインナーのシャツも見栄えします。全体的にメンズっぽい合わせなのでファーやレオパードの小物で女っぽさをプラスするのを忘れずに」

  • 19080240820040
  • 19050240607040
  • 19030240322040
  • 19092250000040
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。

ニット×ニットの着こなしの大切なバランス
「トップスは先ほどと全く同じニットとシャツ。ボトムをマーメイドラインのニットスカートに変えただけでグッと女っぽい雰囲気になりますよね。ここで注意しなくてはいけないのが合わせるゲージ。トップは5Gのミドルゲージなので、着膨れしないようにボトムには必ずハイゲージアイテムを。ボリュームのあるシルエットなので腰周りがすっきりしたこのスカートとはベストマッチだと思います」

  • 19080240820040
  • 19050240607040
  • 19060250001530
  • 19092250004030
  • 19093250002630
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。

最高級素材を使用した上質なニット
「シンプルなニットこそ素材やデティールにこだわりたいですよね。このニットはカシミヤのようになめらかな最高級素材ヤクの毛を使用しています。肌触りがよいニットは 素肌に一枚でさらりと着るのが一番の贅沢。同系色のガウンコートを羽織りボトムにはグレーと相性のいいピンクのパンツを合わせました。縦長のシルエットに黒の小物を合わせてハンサムフェミニンな着こなしです」

  • 19020240704030
  • 19080240822040
  • 19030240601130
  • 19092250002130
  • 20093250002410
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。

ブルーを合わせてフェミニンモード
「Vネックのレイヤードスタイルを楽しむなら、今年は断然インナーにはハイネックか タートルを合わせたい。それだけでも今っぽいこなれたムードになりますが、ブルーをポイントカラーに使うだけで旬のモード顔に。ゆったりとしたシルエット、広くデザインされた袖口、短めの着丈はレイヤードを楽しむのにもぴったりです。ボトムにはたっぷりとボリュームのコットンのティアードスカートを合わせてフェミニンモードな着こなしで」

  • 19080240822040
  • 19050250000930
  • 19093250001130
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。

柔らかな素材感を黒で引き締める
「エアリーな風合いが人気のモヘアニット。フワフワとしニットはやっぱり人気が高いアイテムです。雑誌の愛されモテニット企画には引っ張りだこアイテムのひとつでもあります。同系色の柔らか素材のキャミソールドレスを合わせてフェミニンな要素は作りつつ、黒のタートルネックニット、メンズライクなサイドゴアブーツを合わせて全体を引き締めます。時にはシューズを黒のパンプスに変えて女っぽさを追及してもいいですね」

  • 19080240911040
  • 19080240915040
  • 19060240520040
  • 19093250001030
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。

シンプルなスタイリングは小物で差をつける
「カーディガンを清く一枚で着て、太めのパンツでシンプルにスタイリングした時は、合わせる小物で差をつけたい。レオパードのトレンドは来春もまだまだ続くようなのでシューズやバックで持っていると役に立ちます。甲浅のアンクルストラップシューズはフラットで歩きやすく、ポイント使いにも最適。ファーバッグは折りたたんでクラッチのように持っても素敵ですね。今年は“首元にポイント”がトレンドワードでもあるので、ストールは顔が埋まるくらいグルグル巻いても楽しみたいです」

  • 19080240915040
  • 19030240608040
  • 19098250000140
  • 19092250000130
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。

女っぽいニットをレイヤードで楽しむ
「アンゴラの柔らかな風合いとハイネックで、一枚で着るとフェミニンで女っぽくなるニットを、デニムシャツをインに合わせてカジュアルに楽しむ。今年のニットは袖も見幅もゆったりデザインされたものが多いので、キャミドレスと3枚レイヤードしても着苦しくないのもいい。毛足のながいアンゴラ特有の柔らかい色合いや肌触りで「フェミニン」「着心地」というワードで雑誌掲載も多いニットです」

  • 19080240806040
  • 19050240901030
  • 19040240901140
  • 19092250004030
  • 19093250002630
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。

ニュアンスカラーで軽やかに着こなす
「ジャケットやプリーツスカートなど、素材や色によってはかっちり堅くなってしまいがちなアイテムも、オフホワイトのビックシルエットやニット素材のプリーツにすると逆に女っぽくなるのが面白い。全体を淡いトーンでつなぎ縦長のシルエットを作るのもスタイルアップになるポイント。柔らかなアンゴラシャギーのニットには編み目のしっかり詰まったスカートを合わせて全体的なバランスを整えるのも忘れずに。足元やバッグでキャメルカラーを加えて品の良いクラシックフェミニンスタイルに」

  • 19010240602040
  • 19080240806040
  • 19060240850040
  • 19092250003530
  • 19096250000430
  • 19093250001730
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。


特集一覧

  • tops_aw.jpg
  • dress_aw.jpg
  • bottoms_aw.jpg
  • outer_aw.jpg
  • goods_aw.jpg
  • outfit_aw.jpg

あなたにおすすめの記事

あなたにおすすめのアイテム