1. HOME
  2. MAGAZINE
  3. お洒落なあの人の L'ESSAGE KNIT STORY vol.03 -make-up artist / beauty director 早坂香須子さん-

お洒落なあの人の L'ESSAGE KNIT STORY vol.03 -make-up artist / beauty director 早坂香須子さん-

JOURNAL STANDARD L’ESSAGEのニットを、所縁のある人にセルフコーディネートしてもらう連載企画。 第3弾のミューズは、早坂香須子さん。活躍はビューティーの枠だけにとらわれず、 執筆した書籍や自身のライフスタイルを発信するSNSには幅広い女性たちから支持を得ています。 まわりの空気を優しく和ませる笑顔とともに、L’ESSAGEのニットに様々な表情を加えてくれました。

2019.10.11
JOURNAL STANDARD L'ESSAGE

お洒落なあの人の
L'ESSAGE KNIT STORY vol.03

JOURNAL STANDARD L'ESSAGEのニットを、所縁のある人にセルフコーディネートしてもらう連載企画。
第3弾のミューズは、早坂香須子さん。活躍はビューティーの枠だけにとどまらず、
執筆した書籍や自身のライフスタイルを発信するSNSには幅広い女性たちから支持を得ています。
まわりの空気を優しく和ませる笑顔とともに、L'ESSAGEのニットに様々な表情を加えてくれました。

まず手に取ったのは、グレージュのモヘア混プルオーバー。ざっくりと編まれたゆるめのサイジングで、ユニセックスなムードが漂います。「自分の普段のスタイルに一番近いかも」という、ハンサムなグレーのグラデーションコーディネートに、ANOTHER FEATHERのピアスとネックレスをキラリと揺らして。HYKEのトップス、LEVI'S VINTAGE CLOTHINGのデニム、そして辛めに引き締めたMaison Margielaのタビブーツは本人私物。

  • 19080370410030

「この質感、とても良いですね!」と大事そうに抱えたバッグはRESPIRO。温かみのあるニットと対照的な、無機質な大理石調のレジンバッグ。素材のコントラストがコーデに抑揚をもたらします。「このバッグ自体がすでにアクセサリーのよう」とブレスレットをあえて外してみたら、抜け感のある手元がちょうどいいバランスに。

  • 19080370410030

ボリューミーなニットが、ラフな肩掛けスタイルを良い塩梅に仕上げます。「グレーに温かみのあるベージュが混じっているから気に入りました。このデニムも、ほんのりピンクが入っているので、馴染むと思って」。ニュアンスのあるトーンを重ねて“冷たいグレー”一辺倒にまとめないのが、今の早坂さんの気分。

  • 19080370410030

冬になると着たくなる、ざっくりニット。大人っぽくくすんだモスグリーンだからほっこりさせず、深めに開いたVネックがドキッとする女らしささえ感じさせる1枚。「グリーンが今年、気になります。キレイめなプリーツスカートを、同じトーンで合わせたくて。そしてこのモコモコバッグが愛されポイント!」と笑顔。私物のHYKEの鮮やかなグリーンスカートが可憐にはためく、愛されグリーンコーデが完成です。

  • 19080370070030

私物のMANOLO BLAHNIKにGLEN CLYDEのラメソックスをイン。「ソックスを合わせることで、秋冬らしさが強まりますね。足元は肌を隠すことで、首元に視線が集まるかなとも思ったんです」。“MARY JANE”のストラップの下でクシュっとたわむソックスが、この秋のレディなコンビネーション。「靴で女性像って大きく変わるもの。このニットには、足元で女性っぽい雰囲気を残したい。フラットシューズを合わせれば、きっとまた雰囲気がガラリと変わると思いますね」

  • 19080370070030

G.BINSKYのセラミックピアスでひとくせをプラス。手しごとのぬくもりを感じさせる、モダンアクセサリーが独特の存在感を放ちます。「耳にアクセサリーをつけるのが好きです。身長が153cmと小柄なので、目線が上に向かうようなポイントになるイヤーアクセサリーが好み」と早坂さん。

  • 19080370070030

「今までの自分のワードローブにないスタイル」という鮮やかなワインレッドのVネックニットに合わせたのは、PAS MARQUEのレースキャミワンピース(本人私物)。ちょっと背筋が伸びるドラマティックな組み合わせかと思いきや「あえて、オフのリラックススタイルとして着たいです」と早坂さんから意外な答えが。「休日こそ、キレイな色のニットに包まれてリラックスしたいです。オフの日って、メイクも極力抑えたいですよね。顔に色を足したくない時、ニットが1枚で今年らしさや女性らしさを満たしてくれたら、こんなに嬉しいことないなーって。顔の血色も良く見える色ですしね」

  • 19080370407030

華やかなキレイ色ニットは、気持ちを満たしてくれる日常の大事なスパイス。「新しい自分のスタイルを探すのはチャレンジングなことではないですね。私、飽き性なんです。髪型もすぐ変えちゃう(笑)。新しい自分を発見することはワクワクしますね」。仕上げにG.BINSKYのネックレスでクールダウン。「オフっぽいデザインですよね。あえて、ほかはノーアクセで肩の力を抜きたいです」

  • 19080370407030

気負わないオフの足元は、JIL SANDERのフラットシューズ。モードな佇まいが、レースの甘さを引き締めます。「秋は外が気持ちいい季節。犬を連れて公園まで散歩しに行きたい、そんなイメージのコーディネートですね。実際に飼っているのは猫ですけど(笑)」

  • 19080370407030

KAZUKO HAYASAKA

早坂 香須子

ビューティディレクター / メイクアップアーティスト。
数多くの女優やモデルからの指名が絶えないメイクアップアーティストとして活動を続ける傍、元看護師という医学的知識と観点から、アロマテラピーインストラクターや植物療法士などメイクアップアーティストとしての枠を超えて独自の美容メソッドを発信し続けている。
著書に「YOU ARE SO BEAUTIFUL」(カエルム)、「100% BEAUTY NOTE 早坂香須子の美容 A to Z」(KADOKAWA)がある。

NEROLILA Botanicaブランドディレクターを務める。
W 所属 www.wtokyo.co.jp
Instagram @kazukovalentine

NEXT ISSUE

Vol.4の最終回は、TV・ラジオ等多方面で活躍中の人気モデル “はまじ” こと浜島直子さんが登場します!
みなさまお楽しみに。


あなたにおすすめのまとめ記事

  • tops_yokobanner.jpg
  • dress_yokobanner.jpg
  • bottoms_yokobanner.jpg
  • outer_yokobanner.jpg
  • sundry_yokobanner.jpg
  • coorde_yokobanner.jpg

あなたにおすすめの記事

あなたにおすすめのアイテム