1. HOME
  2. MAGAZINE
  3. 高山都×FRAMeWORKのスタンダード 長く愛される服の話

高山都×FRAMeWORKのスタンダード 長く愛される服の話

2019.10.03
FRAMeWORK

先シーズンに引き続き、幅広い世代に人気のモデルの高山 都さんとのコラボレーションが実現。
今回は長く愛され続けているフレームワークの名品に合うワードローブをリクエスト。
ブランドの定番的存在のニットやスウェットにマッチし、
彼女のスタイルにも欠かせないというワンピースとスカートの2型が仕上がりました。
ずっと一緒にいたくなるアイデアに満ちた服には、素敵なストーリーがあるんです。

都さんの好きなシルエットを落とし込んだワンピースはV開きのマキシ丈。しなやかで光沢のあるサテン素材にはシワ加工を施し、ヴィンテージ感を。表地と同じ生地のアンダーキャミワンピースがセットになったこだわりの2wayで、アレンジが効くのも嬉しい一枚です。「私は背が高くないので、縦長シルエットをつくれるマキシ丈がマイ定番。今年らしいブラウンはジャケットできれいめにも楽しめます」。

  • 19040220509040
  • 19010220501030
  • 19093230000630
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。

アンダーキャミワンピースを単品で。インにはタートルニットと小花柄スカートをレイヤード。「一枚で着ても、インに重ねてもきれいに見えるようにV開きを深めに設定し、ストラップを華奢にして女らしく仕上げています。バックスリットもポイントです。長く愛せるというのはあれこれ着回せるという証。ぜひ自分らしいバランスを探してみてください。私は5年後も、10年後もこんな風に着ているかな」。

  • 19040220509040
  • 19070230000930
  • 19011230000830
  • 19060220720030
  • 19093230000430
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。

もうひとつのカラーはカジュアル使いしやすいネイビーを選択。「黒よりも柔らかく見えて、旬のブラウンやグリーンに合わせやすく、出番が多いと思います。アンダーキャミワンピースは重ね着で印象を変えられるから、本当に便利でお得ですよ。普段の私は、タートルニットとデニムを重ねるスタイルで。顔回りが少し寂しかったら、チェックの大判ストールをラフに巻いて、温かみを加えます」。

  • 19070230000930
  • 19040220509040
  • 19030220305040
  • 19098230000030
  • 19093230002630
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。

フロントのすっきりとしたV開きは女性らしく、小顔効果があります。前開きデザインで羽織りとして使うことも。高い位置で切り替えた裾が甘すぎず、大人っぽいラインを演出してくれます。袖口はゴム仕様になっているから、たくし上げるとバルーンスリーブに。「袖のふくらみ方もお気に入りポイント。できるだけ長くしたマキシ丈のワンピースには土っぽい色やムードの小物で味つけするのが今の気分です」。

  • 19040220509040
  • 19095230000130
  • 19093227000330
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。

都さんが一年中着ているというコットンシルク素材を採用しました。柔らかく、艶のある生地にワンウォッシュ加工を施しているから、ほどよいシワがニュアンスに。カラーはモカとオフホワイト、赤の3色展開です。「スカートはまず素材の好みをお伝えしました。コットンシルクは扱いやすく、ホームクリーニングできるから、普段よく着ます。厚手のウールカシミアのタートルニットと軽いマキシスカートは私の鉄板コーデ」。

  • 19080220300030
  • 19060220522040
  • 19093227000430
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。

「ボリュームが出過ぎると、ほっこり甘く見えてしまいがち。でもこのスカートは腰回りはすっきり、裾にかけて広がる絶妙なシルエットで女性らしく、大人っぽい印象に。足さばきがよく、動くとより魅力的に広がります。毎年着たくなるのが冬の白。上質なオーバーサイズカットソーとフードつきのガウンカーディガンでエフォートレスなスタイルを。この先はライダースジャケットやファーコートとも」。

  • 19080220517040
  • 19060220522040
  • 19070230000230
  • 19092230001430
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。

気分が上がる赤をブランドの定番名品であるチャンピオンの別注スウェットにコーディネイト。「まずオフスタイルで自分になじませてみました。スウェットはゆるめの開きとトレンドのブラウンが高ポイント。今季らしい配色を黒で引き締めています。服をつくる時、考えるのはその人らしく着てほしい……ということ。私のコーディネイトはひとつの提案なので、ぜひ自由に楽しんでもらえたらありがたいです!」。

  • 19070230000530
  • 19060220522040
  • 19095230000930
  • 19093230000430
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。

miyare38

高山都
2冊目の書籍が双葉社さんから出版されました。『高山都の美 食 姿 2「日々のコツコツ」続いてます。

ハットとスタッズつきのバッグで、シンプルなワンピースに今年っぽいカジュアルをプラス。

京都の街に、赤いスカートは映えました。笑リュックとロンTでとことんカジュアルに着崩しても、どこか女っぽいのもお気に入り。

オレゴン州での撮影には、モカを連れていきました。機内でも、現地でも、シワも気にせず、動きやすく、旅向きだな、このスカート。

model:Miyako Takayama
photography:Kimihiko Nitta(L MANAGEMENT)
hair & make-up:Megumi Kato
text:Machiko Suyama


あなたにおすすめのまとめ記事

  • tops_yokobanner.jpg
  • dress_yokobanner.jpg
  • bottoms_yokobanner.jpg
  • outer_yokobanner.jpg
  • sundry_yokobanner.jpg
  • coorde_yokobanner.jpg

あなたにおすすめの記事

あなたにおすすめのアイテム