1. HOME
  2. MAGAZINE
  3. おしゃれ上級者が指名買いする こなれ度満点の“女前”ジャケット

おしゃれ上級者が指名買いする こなれ度満点の“女前”ジャケット

2019.09.13
NOBLE

おしゃれ上級者が指名買いする
こなれ度満点の“女前”ジャケット

ジャケットを主軸に展開するブランドCabana。
まとったときの美しいシルエットはもちろん、遊びを効かせたディテールや機能性のバランスが絶妙なジャケットは、
デビュー1年目にもかかわらず、早くもおしゃれ上級者の間で話題の的。
今回はセレクトショップの元アクセサリーバイヤーで、世界のファッションにも精通するデザイナー吹上肖さんに、
ブランド誕生のストーリーや、モノづくりへのこだわりについて語ってもらいました。


ー Cabanaを立ち上げたきっかけを教えてください。

ジャケットはワードローブの中で一番好きなアイテム。アクセサリーバイヤー時代の出張や旅行には必ず2着は持参していたし、国内外のブランド問わず、いろんなオケージョンでよく着ていました。1枚でサマになるので商談からディナーまで頼りになるし、素材を選べばアウターとしても着られる。いずれ自分でブランドを手がけたいと思っていたので、作るなら自分の思いや世界観が語れるアイテムにフォーカスしたくて、Cabanaを立ち上げました。

ーブランドコンセプトや思い描く女性像を教えてください。

コンセプトは“女前に着こなすジャケット”。イメージしたのは、バイヤー時代に出会った海外の女性たちの気負いなく、さらりとラフにジャケットを着こなす姿です。トラッドでメンズライクなアイテムをキリっとまといつつも、どこかセンシュアルな女性らしさが漂う…そんなスタイルを目指しています。

ーCabanaというブランド名に込めた思いは?

カバナとは、ビーチリゾートの海やプールサイドにあるコテージ風のプライベートスペースのこと。私がライフスタイルで一番大切にしているのは、旅の時間。中でも海外リゾートの海やプールサイドで過ごす、リラックスしたスローなひとときが一番自分らしいなと思って。だからコレクションではタウンはもちろん、開放的なリゾートシーン、そしてデイ&ナイトを問わずに着られるデザインを揃えています。

ーデザインする上でのこだわりを教えてください。

レディスでは珍しく、すべてのジャケットに5つのインナーポケットを備えていて、それがブランドのアイコンになっています。旅先でちょっとドレスアップしてディナーに出かけるとき、私はジャケットスタイルにクラッチバッグを持つことが多かったのですが、5ポケットが内蔵されたジャケットがあれば、ハンズフリーでより颯爽と出かけることができる、と思いついたが誕生のきっかけです。機能性にはかなりこだわっていて、リップ、サングラス、ハンカチ、携帯、クレジットカードと、女性の必需品がすっきり収まるベストな形やマチ幅を研究しました。また、ビーチリゾートのキーワードから派生して、ジャケットやパンツの外ポケットには、“シーガルポケット”とネーミングしたカモメのシルエットを取り入れているのもこだわりです。


ーNOBLEで取り扱われる、 今秋のイチ押しアイテムを教えてください。

まずはベストセラーの紺ブレがおすすめです。このジャケットの一番の魅力は美しいシルエット。後ろ身頃にベントを入れず、ウエストを絞ったパターンが、後ろから見たときに女性らしい曲線美を演出してくれます。ボタンを外したり肩掛けするなど着崩しても、端正な表情で着られるよう計算しているのもポイント。

  • 19010250000030
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。
  • 19010250000030
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。

また、NOBLE限定のガンクラブチェックの別注ジャケットは、ハリのあるウールで仕立てた女性らしいシルエットはもちろん、袖をラフにまくったとき、ストライプの裏地がおしゃれなバランスで見えるよう、縫い目の位置にもこだわりました。どちらもヒップが隠れるレングスで、スタイルアップ効果も期待できますよ。

  • 19010250000430

  • 19010250000430

ービッグチェックのジャケットも今秋らしさ満点ですね。

ジャケットというスタンダードなアイテムに、今シーズンらしい遊び心ある色柄や思いきったディテールを掛け合わせるのもCabana流です。バッファローチェックのジャケットは、今秋らしい赤と大胆なビッグチェックがお気に入り。ピークドラペル(襟)は、通常よりもワイドにしてモード感を主張しつつ、ラペルの上部分を曲線にカッティングすることで、女性らしい雰囲気に仕上げました。

  • 19010250000530
  • 19010250000530

大柄のグレンチェックがインパクトあるジャケットは、ベージュピンク×ブラックのCabanaオリジナル生地を使用。ふんわり起毛させたウォームリネンの上質な生地は保温性があり、大判ストールを巻けばアウターとしても重宝します。

  • 19010250000630
  • 19010250000630

ージャケットを今秋冬らしく着こなすなら、どんなスタイリングがおすすめですか?

個人的には膝が隠れるくらいのハーフパンツと合わせるスタイリングが気になっています。でも一番のおすすめは、やっぱりデニムとのスタイリングですね。冬でも足首を覗かせたり、ヒールを合わせて、女っぽく着こなしてみてくださいね。

  • 19010250000430
  • 19010250000430

今回インタビューした会場では、早くも2020年春夏コレクションを発表中。かつて吹上さんが訪れた知る人ぞ知るイタリアの高級リゾート地、ポルトフィーノの街並みにインスパイアされたというコレクション。ピンクやグリーン、レモンイエローなど、カラフル&ハッピーなカラーパレットで彩られたジャケットやセットアップは、バカンスでさらりと羽織りたくなる軽やかなデザインがずらり。心躍るそのラインナップは、今からすでに待ち遠しい!

2018年秋冬にスタートしたCabanaは、セレクトショップの元アクセサリーバイヤーの吹上肖(ふきあげあやか)さんがプロデュースするジャケットブランド。マニッシュなジャケットをラフに女っぽく着こなす“女前”なスタイルを提案。


あなたにおすすめのまとめ記事

  • tops_yokobanner.jpg
  • dress_yokobanner.jpg
  • bottoms_yokobanner.jpg
  • outer_yokobanner.jpg
  • sundry_yokobanner.jpg
  • coorde_yokobanner.jpg

あなたにおすすめの記事

あなたにおすすめのアイテム