1. HOME
  2. MAGAZINE
  3. 人気インフルエンサー石田一帆さんと考える秋カジュアル×メイクバランス | Spick & Span

人気インフルエンサー石田一帆さんと考える秋カジュアル×メイクバランス | Spick & Span

インスタグラムの美容動画等で注目を集める人気インフルエンサー・石田一帆さん。 彼女が手がけるコスメブランド「la peau de gem.(ラポドゥジェム)」のアイテムを、8月8日よりスピック&スパンの全店舗にて販売スタート。 それに伴い、このたびアパレルラインも始動することに。この秋冬したいファッション×メイク、いち早くお届けします!

2019.08.01
Spick and Span

インスタグラムの美容動画等で注目を集める人気インフルエンサー・石田一帆さん。
彼女が手がけるコスメブランド「la peau de gem.(ラポドゥジェム)」のアイテムを、8月8日よりスピック&スパンの全店舗にて販売スタート。
それに伴い、このたびアパレルラインも始動することに。この秋冬したいファッション×メイク、いち早くお届けします!

Kazuho Ishida
石田一帆さん
[la peau de gem.] Director

学生時代から読者モデルとして活動。ブライダル、IT関連企業などで経験を積み、フリーランスのPRとして独立。Instagramに投稿したメイク動画などが反響を呼び、コスメブランド「la peau de gem.(ラポドゥジェム)」を手がける。
インフルエンサー・アワード・ジャパン2017グランプリ受賞。

Instagramはフォロワー13万人超(@ishidakazuho
la peau de gem.公式インスタグラム(@lpdgem.official

「メイクアップとファッションの親和性」をテーマに、アパレルラインを2019AWにローンチ。日々の気分を反映させる、楽しむメイクアップ。それをさらに引き立たせるアパレルコレクション。2019秋冬第一弾として、秋から冬にかけて着回しが利く計5型をご紹介します。

  • 19070200903030
  • 19070200905030
  • 19060200902030
  • 19080200903030
  • 19040200902030

スウェットは、ゆったりとしたシルエットと短め丈のバランスが絶妙。サーマルをレイヤードする際は、裾から入ったジップを開け、抜け感をつくって。×マキシスカートでヴィンテージ感漂うコーディネートに。

  • 19070200905030
  • 19070200903030
  • 19060200902030
  • 19093210000130

まずは、マットタイプのオレンジベージュシャドウ(パレット中央)を二重幅にのせ、下まぶた全体にも入れる。ゴールドラメのシャドウ(パレット左)は黒目の上あたりに、指でポンポンと。ブラウンのクリームシャドウ(パレット右)は目尻にアイラインとしてキュッと入れて。スウェット×マキシスカートの落ち着いたトーンに「ピンクブラウン」のリップで赤みを添えて。シックな色出しなので、赤やブラウンのリップが苦手な人にもトライしやすい1本。

単調なワンツーコーデになりがちな、休日のリラックススタイルは、サーマルにニットベストを重ねて更新。一見難易度が高そうに見えても、色を揃えれば簡単に奥行きが生まれる。チェック柄パンツで大人っぽく。

  • 19070200903030
  • 19080200903030
  • 19030200102030

ゴールドラメのシャドウ(パレット左)を上まぶたの二重幅より広めにのせ、下まぶたの目尻から1/3にも入れる。クリームタイプのブラウンシャドウ(パレット右)は、上まぶたの目尻にだけワンポイントで入れて。口元は「ジューシーオレンジ」をたっぷりオン。コーディネートがボーイッシュだから、発色のいいリップを効かせたカラーメイクがよく映える。瑞々しさと肌なじみの良さを兼ね備えたヘルシーなオレンジは、大人にしっくり。

ヴィンテージのインド綿を使用したワンピースは、異なる柄がミックスされていて、お気に入りの組み合わせを見つけるのが楽しい。タンクトップに羽織ったり、スウェットを上に重ねたりと、着回し力も抜群!

  • 19070200905030
  • 19040200902030
  • 19070210001030
  • 19093210000130
  • 19040200902030
  • 19070200405030
  • 19070210001030
  • 19093210003310

マットなテクスチャーのオレンジベージュシャドウ(パレット中央)をブラシにとり、横にスライドさせながらアイホール全体になじませる。次はチップで同じオレンジベージュを下まぶたにやや太めに引く。リップはテラコッタのような「オレンジブラウン」を。赤ベースのプリントワンピが主役の日は、ワントーンメイクで整えるとこなれ感がアップ。色白肌にも小麦肌にも似合う「オレンジブラウン」は、シーズン問わず使える万能リップとして重宝。

サイドが大胆に開いていて、裾を結ぶデザインが新鮮なニットベスト。カシミア混ならではのふっくらとした風合いと、キャメルベージュの色出しがリッチ。クセのあるパッチワークデニムを上品に導いてくれる。

  • 19080200903030
  • 19030200105030
  • 19070200405030
  • 19093210004230
  • 19091210000930
  • 19091210001230

ブラウン×パープルはこの秋注目の配色。ノースリーブニットなら、晩夏からすぐに取り入れられるのでオススメ。甘く転びがちなきれい色パンツは、ボクシーなニットとスニーカーでジェンダーレスに着こなして。

  • 19080200903030
  • 19030210003630
  • 19091210003230

サーマルはややかためのしっかりとした素材感ゆえ、一枚で着ても映える。袖口に並んだボタンの開け具合でニュアンスをつくって。ダークカラーのプリントスカートにブーツで仕込み、秋らしい装いに。

  • 19070200903030
  • 19060200902030
  • 19092210001230
  • 19093210000130

オフホワイト~ダスティピンクの優しいグラデーション。全体的に締め付け感のないゆるっとしたコーディネートは、ショート丈スウェットとサーマルのレイヤードで目線を上へ。足元のアニマル柄でキレ味よく。

  • 19070200905030
  • 19070200903030
  • 19030200400030
  • 19093210002130

撮影:黒野真吾
モデル:石田一帆
ヘアメイク:川嵜 瞳
取材・文:小林 文


あなたにおすすめのまとめ記事

  • tops_yokobanner.jpg
  • dress_yokobanner.jpg
  • bottoms_yokobanner.jpg
  • outer_yokobanner.jpg
  • sundry_yokobanner.jpg
  • coorde_yokobanner.jpg

あなたにおすすめの記事

あなたにおすすめのアイテム