1. HOME
  2. MAGAZINE
  3. NOBLE的「夏のマンネリ打破アイテム5選」

NOBLE的「夏のマンネリ打破アイテム5選」

2019.07.18
NOBLE

暑い夏が始まると、億劫になり始めるのが服のコーディネート。
もうコレでいいか、なんて装いを楽しめない日々を送っていませんか?
そんな毎日を解消してくれるのは新鮮アイテムの投入。
世の中はセール真っ只中だけど、せっかく買うなら今日から着回せて秋冬にも重宝しそうな優秀アイテムが欲しい!
そんな声にお応えするべく、NOBLEがおすすめのアイテムを厳選。
今すぐ真似できるコーディネートもご提案します!

フェミニンなアクセントが欲しい時に重宝する、と大人の女性に人気の高いプリントスカート。プリントものは着まわしがしにくい、と思われがちですが、着まわし上手の人にとっては重宝アイテムの代表格。ほどよく華やかさがありながらも落ち着いた色味の小花柄スカートを選べば、着こなしに馴染んで印象が強すぎない上、トップスを選ばないから季節を問わず長く着回せます。寒い季節になったら、厚手のニットに合わせて冬のレディを楽しんで。

  • 19060240504030
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。
    • ウエストゴムで軽やか素材のボトムはノンストレスに心地よく過ごしたい日も大活躍。広がりすぎないよう工夫されたスカートにタイトなシルエットのリブカットソーですっきりとした印象にまとめたら、クラシカルな面持ちの小物を合わせれば、肩の力は抜けているのにラクだけに終わらず、ほんのり色香漂う理想の週末スタイルが完成します。

    • 19070250000630
    • 19060240504030
    • 19092250005530
    • フラワープリント独特の甘い雰囲気を相反する辛口なムードでキリリと引き締めたコーディネートは魅惑的な大人の女性を演出するテクニックのひとつ。暑い日にはキャミやタンクを纏い、日除けや冷房対策のカーデ気分でハンサムなテーラードジャケットを肩がけするだけでも好バランス。凛と垢抜けた姿はどんな場でも羨望の的となるはず。

    • 19010240310030
    • 19060240504030

目上の方からもきちんと見える装いが必須となる日があるのは夏も同じ。でも服を幾重にも着られない暑い季節だからこそ、慌てる前に一枚でサマになるアイテムを見つけておくことが肝心です。日常にも着まわしやすいきちんとワンピのセレクトポイントは、全体の印象はお利口顔でありながらコンサバすぎずない、密かなデザイン性。上品さは残しつつ、ちょっとだけひねったディテールさえあれば、小物の合わせ次第で様々な表情を楽しめます。

  • 19040250007530
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。
    • ボタンをすべてはずしてロングアウターのように着れば、ダブル合わせならではのふんだんに使われた生地が美しく揺れ、動くたびドラマティック。白で統一したインナーで優雅なムードを高めつつ、カラーパンプスで粋なはずしを。実はこのワンピース、バックスタイルに軽やかなプリーツが施されているので颯爽と歩く後ろ姿もサマになります。

    • 19040250007530
    • 19080240700320
    • 19030240310030
    • 19091250001230
    • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。
    • メンズライクな一面と女らしい一面を同時に持ち合わせるこのワンピース、どんな表情を引き出すのかは小物次第なのが楽しいところ。注目の白ブーツを合わせればコンサバ感を一掃し、瞬時にエッジィな洗練スタイルが完成。付属の共布ベルトを着脱するだけでも印象が様変わりするから着るたび新鮮で、纏う人を全く飽きさせないのも魅力です。

    • 19040250007530
    • 19093250002630
    • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。

ジャストサイズのパーフェクトシャツも永遠のアイテムではあるけれど、都会的に着まわせる逸品を新たに求めたいなら、メンズシャツを彷彿させるオーバー仕立てのミニマムデザインのものが断然おすすめ。そのままシンプルに着るだけで誰でも簡単にこなれ感が出るよう計算し尽くされた裁断は圧巻。てろんと落ち感のあるこんな素材のものならたっぷりとしたシルエットと相まって、身体のラインを華奢に見せてくれる細見え効果も抜群です。

  • 19050240604030
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。
    • 軽やかな風合いだからこそ叶う、裾を結んでふんわりと纏うシャツスタイル。袖のないフィット&フレアのワンピースを着たいけれど、肩や二の腕など、身体のラインが出るのが気になって一枚ではちょっと恥ずかしい、なんていう人にもこのシャツはぴったり。もたつかないから、ボタンを閉めてボトムのシルエットだけ楽しむのもオツです。

    • 19050240604030
    • 19040240310030
    • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。
    • ビッグなシルエットとエアリー感が存分に垢抜けた雰囲気を醸し出してくれるシャツだからこそ、スタンダードな細身のストレッチデニムパンツを合わせるだけでも、グッと新鮮なスタイルに。足元はスニーカーでカジュアルにはずすことなく、ポインテッドのカラーサンダルで媚びない女らしさをもうひと匙加えてまとめあげるのがNOBLE流。

    • 19050240604030
    • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。

どんな季節も便利でラクなロングスカートは、広がりすぎない、でもタイトすぎることもない、身体のフォルムと付かず離れずの関係でいられるシルエットが今の気分。前のボタンを開けられるデザインのものの方が着こなしのバリエーションがグッと広がります。そんな条件を見事に満たしたフェイクスエードのスカートは、完売する前に迷わず買っておきたいアイテムとして人気急上昇中。軽くしなやかな質感の心地いい穿き心地もクセになります。

  • 19060240500030
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。
    • ボーダーにタイトスカート、というみんなの定番も一工夫の味付けで印象刷新。前のスナップボタンをいくつかはずし、レギンスをちらりと垣間見せれば、肩肘張らずに今らしさを投入できます。スナップは主張しすぎない大きさなので、ボーダーでもカジュアルなムードに引っ張られすぎず、きれいめなバランスをキープしやすいのもポイント。

    • 19070250001130
    • 19060240500030
    • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。
    • 優しげなオーラを纏うマットベージュのスカートに、オフホワイトのアンサンブルニットを合わせ、老若男女どんな人からも好印象な気品溢れる装いが完成。タイトスカートは後ろにダーツが入っているので直接的なラインが出過ぎず、柔らかなフェミニンムードを高めて愛らしさに拍車をかけます。靴も淡いグリーンを選び爽やかにまとめて。

    • 19080240500030
    • 19060240500030
    • 19091250001230
    • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。

ラクな服こそカジュアルに転びすぎないディテールが肝心、というのは大人の服選びの鉄則。控えめな光沢がほどよいリッチ感を誘い、ランダムなギャザープリーツがコーディネートに奥行きを出してくれるこのワンピース。作ることのできるスタイリングは無限大。カジュアルはもちろん、きちんとしたシーンでも重宝するのに、その絶妙なデザイン性で決して無難な着こなしに留めない優秀さは既に感度の高い人の評判を呼び、早くも再販決定!

  • 19060240506030
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。
    • モノトーンの装いは涼しげに作ることができればグッと垢抜けて引き立ち、たちまち羨望の的に。ほどよい光沢感や軽快さが魅力のワンピースと透け感のあるトップスは絶好のコンビネーション。きちんと顔のシャツと合わせたことで一見甘めのワンピースが引き締まり、オフィスなどでも対応できるクールで知的なスタイルが生まれます。

    • 19050240602030
    • 19060240506130
    • 19092250005530
    • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。
    • 夏はどうしても毎日手が伸びがちなTシャツも、レディなアイテムと合わせればマンネリ脱出で気分急上昇。さらりとした生地感のワンピースだから、真夏日でも快適に過ごせます。旬なブラウンはカジュアルを少し格上げして見せたい時にも役立つカラー。ワントーンでまとめれば余裕を感じさせる大人のカジュアルを演出できること間違いなし。

    • 19060240506030
    • 19070240906220
    • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。

ここからは、今回の企画にも携わってくださったエディター白澤さんがこの夏から秋まで纏いたいアイテムを NOBLEからセレクト。おすすめのコーディネートで実際に登場していただきました。

「ここ数シーズン個人的に気になっているのがロイヤルブルー。気分にぴったりのシャツを見つけて思わず声をあげてしまいました。暑い日でも冷房のきいた場所に長くいる予定の時は、こんな薄手の長袖シャツが大活躍。移動と打ち合わせを繰り返す日などは一枚でも成り立つキャミを着て、重ねたシャツの脱ぎ着で温度調節をします。レースのタイトスカートは、一つ間違えると妖艶に見えてしまうから、白とも黒とも違う、こんな爽やかなカラーがベスト。シャツのボタンを1番上まで留め、フラット靴を合わせたマニッシュ感でレースの女らしさを少し削ぐのが私にとって最も心地いいバランスです。」

  • 19051240300030
  • 19060240324120
  • 19092250000230
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。

「温度調節に適したアイテムといえば、私にはいつの時代もノースリーブと長袖の組み合わせのアンサンブルニットが欠かせません。ハイネックまではいかない、クラシカルな首の詰まりやカーディガンのフラットなゴールドボタンがとっても上品で好み。オレンジがかった深みのあるレッドカラーは秋冬にはもちろん、少し灼けたバカンス肌に纏っても素敵なので夏にも重宝しそうです。今の季節なら大好きな小花柄のシフォンスカートで涼しげな雰囲気をプラス。ネイビーでトップスの印象に柔らかさを加えつつ、ほっこりしすぎて見えないように強めの色のパンプスで全体をキュッと引き締めてみました。」

  • 19080240500030
  • 19060240319330
  • 19092250001230
  • 19099250000430
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。

「ドラマティックなロングドレスにジャケットを肩がけ、が私のお出かけの定番スタイル。この見惚れるほど美しいカッティングのドレスは一枚で十分主役にできる存在感。でも街の移動中にはちょっと目立つかな、と気がひける時は即座にアウターを肩がけし、ディナーや観劇の場に着いたらハラりと脱いで潔く肩見せして。今回はレディな雰囲気を一層洗練させるマニッシュなダブルジャケットを。ニットの抜け感を活かしたいから、バッグはカチっとしたものではなく、エスニックなデザインのものを選びました。すべてドレスの延長色ブラウンに統一し、きちんとした場に映えるワントーンコーデを死守します。」

  • 19010240310030
  • 19040240310030
  • 19092250004130
  • 19093250002630
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。

白澤貴子/Takako Shirasawa

10代からファッション雑誌の制作に携わり、多くの媒体で編集から撮影ディレクション、ライティングまで担当。
現在は雑誌やウェブ、広告のディレクション、また人気ブランドのブランディングなどまで精力的に行う。
パリ在住時に培われた感度の良さや独自のセンスは、
多くの女性や企業から注目され、ファッションだけにとどまらない領域で活躍中。
そんな日々の情報がつまったinstagramも注目の的。

Instagram:@takakoshirasawa


あなたにおすすめのまとめ記事

  • tops_yokobanner.jpg
  • dress_yokobanner.jpg
  • bottoms_yokobanner.jpg
  • outer_yokobanner.jpg
  • sundry_yokobanner.jpg
  • coorde_yokobanner.jpg

あなたにおすすめの記事

あなたにおすすめのアイテム