1. HOME
  2. MAGAZINE
  3. Sサイズスタイリスト川上さやかさんが指南 150cm台・小柄さんのスタイルアップコーデ術

Sサイズスタイリスト川上さやかさんが指南 150cm台・小柄さんのスタイルアップコーデ術

2019.06.28
NOBLE

「背が低くて着たい服が着られない」「小柄だとクールな服が似合わない」「子供っぽく見られてしまう」…など、
Sサイズさんなら一度は悩むファッションの着こなし。
今回は身長154cmとご自身もSサイズながら、エッジの効いた辛口シンプルスタイルで絶大な人気を誇るスタイリスト、川上さやかさんが登場。
ご本人のセルフスタイリングと156cmスタッフへのコーディネートを披露しながら、
最旬スタイルのスタイルアップ着こなし術をアドバイスしてくれました。

旬なジャケットはインナーの色を揃えてバランスUP
来秋冬のトレンドアイテム、ヒップがすっぽり隠れる着丈のジャケットを先取りしたスタイリングです。Sサイズさんの着こなしの鉄則は、縦長の視覚効果が生まれるよう、“Iライン”を意識すること。一番簡単なのは、インナーとボトムを同系色のダークカラーで合わせて繋ぐと、全身がすっきりして見えます。そして小物選びも重要。華奢なショルダーストラップのスクエアバッグを斜めがけすることで、着こなしに直線を加えてシャープな印象に。足元は辛口なバーサンダルで抜け感とラインを出すことで、さらに全身バランスがアップします

  • 19010240310030
  • 19070240906010
  • 19030240328020
  • 19091250002530
  • 19091250000030
  • 19092250003030
  • 19093250002610

ロング&ロングの組み合わせは着こなしにひと工夫を
袖丈も着丈も長めのカットソートップスとマキシスカート。ロング&ロングの組み合わせは一見難易度が高そうですが、着方を工夫することでバランスよく着こなせます。まず、後ろの裾のスナップボタンをスリット風に開けて、スカート面積を広く見せて。スカートは抜け感あるホワイトの細身デザインをチョイスして、すっきりと縦長シルエットを演出します。バッグは持ち方にもひと工夫を。ショルダーストラップを短めにして斜めがけすることで見た目の重心が上がり、すっきり感が高まります。ヘアはタイトにまとめるのが正解

  • 19070250000630
  • 19060240500030
  • 19092250002330
  • 19093250002610
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。

淡い配色も透け感シャツで辛口に仕上げて
淡いトーンのコーディネートはSサイズさんの場合、子供っぽく見えがち。なのでトップスには辛口な中に軽やかな抜けのある、透け素材のシャツを選びました。このシャツは、前後丈に差があるスリット入りデザインがポイント。スリットなしで一定の長さの丈だと、胴長に見えてコーディネートが重くなってしまうんです。シャツの袖はボタンを留めたままクシュっとたくし上げれば、バランスUPとともに、手首がほっそり見えする効果もあり。襟元を抜いて着るのも鉄則です。小物はシャープなラインを作るロングストラップのスクエアバッグと、ヌーディなサンダルですっきりと仕上げて

  • 19050240602030
  • 19060240325020
  • 19091250001210
  • 19091250001330
  • 19092250003030
  • 19093250002610
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。


縦長ラインを作るタイトスカートはSサイズの味方!
秋を先取りするフェイクスエードのカラースカート。ともすると重く見えがちですが、ハイウエストのタイトスカートを選べばすっきり見えが叶います。ボタンが縦に並んでいるデザインも、縦長シルエットを強調できるのでベスト。透け感あるブラウスは、ふんわり立体的なフォルムが女性らしく、透けない部分とのコントラストで上半身を華奢に見せてくれます。Sサイズさんならレオパード柄のバッグなど、スパイシーな辛口小物を合わせても迫力が出すぎず、おしゃれに決まります

  • 19051240529030
  • 19060240500030
  • 19092250001330
  • 19093250002610
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。

ベルトマークで目線を上げてバランスアップ
ふんわりギャザーのチュニックトップスは、Sサイズさんの場合、ボリュームがありすぎて“着られている感”が出てしまいがち。そんな場合は、ベルトでハイウエスト気味にウエストマークすることで目線を上げ、バランスアップを狙いましょう。ボトムは同系色のニットパンツで色をつなぐと、すっきりスタイルアップして見えます。ニットパンツは裾にスリット入りデザインを選んで、軽やかな抜け感をプラスするのがマスト。足元はサンダルを合わせたり、袖口をぎゅっと絞って手首をのぞかせるなど、さりげない素肌見せも重要です

  • 19051250000730
  • 19030240802030
  • 19099250000430
  • 19092250003430
  • 19093250000720
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。

首元の詰まったトップス
Sサイズ体型は首元が緩く開いていると間延びして見えてバランスが悪く見えるので クルーネックのトップスをオススメします。首元が詰まっていることに抵抗がある方は 白やベージュの肌色に近い色や、黒でも透け感のあるタイプを選ぶと抵抗なく着られると思います。

  • 19051240526020
  • 19080240903020

ストライプ柄とウエストマークですっきり見え
このワンピースは、Sサイズさんに似合う要素が満載! ストライプは“Iライン”を強調してくれるので特におすすめの柄です。Vネック開きのジャケット風ネックラインが、シャープな雰囲気を演出してくれるし、高めの位置でウエストマークする細身シルエットなので、目線を上げてバランスアップしてくれます。裾はふんわり広がりつつも、足首がのぞく絶妙な丈感も◎。仕上げには、直線的な縦長デザインのピアスを選んでクールにまとめて

  • 19040250000530
  • 19091250002930
  • 19091250002730
  • 19091250002530
  • 19092250001230
  • 19093250002730
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。

柄とトップスの色を繋いで縦長シルエットを強調
旬な柄スカートのコーデは、柄に使われている色とトップスの色をつなぐのが、スタイルアップのコツ。ふんわりしたシルエットでも透け感のある素材を選べば、Sサイズさんも重くならずに着こなせます。秋気分を先取りするブーツは、スカートの軽やかさを損なわないよう、抜け感あるホワイトをチョイス。華奢な長めストラップのショルダーバッグを肩掛けして、縦長ラインを強調しましょう

  • 19080240901030
  • 19060240504030
  • 19091250001230
  • 19092250004130
  • 19093250002630
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。

ふんわりスカートはとろみ素材が鍵!
体の動きに合わせて揺れるふんわりスカートは、華奢なストラップとスカートに入った細かなプリーツが縦長ラインを印象づけてくれる優秀アイテム。引き締まって見えるダークグレーの色味や、重く見えないとろみ素材が使われているのも、Sサイズさんに嬉しいポイントです。ストラップの長さはアジャスターで調整可能なので、今日のようにブーツを履くときは、歩くと素肌がちらりとのぞくバランスにすればすっきり見えします。アクセサリーは、首元に沿う短めチョーカー&縦長イヤリング、の組み合わせがおすすめ

  • 19070240906120
  • 19060240506030
  • 19091250001130
  • 19091250002930
  • 19091250002630
  • 19092250001330
  • 19093250002630
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。

ストライプワンピース
背を高く、すらっと見せるためには、
Iラインを意識する事がポイント。
例えばボーダーよりはストライプを選べば目線は縦に。
このワンピースはストライプ柄に 加え、
縦に並んだ白いボタンもアクセントになって
Iライン効果が倍増。

  • 19040250001730
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。

プリーツスカート
マキシ丈スカートでNGなのは張りのある素材を選ぶこと。
重心が下がり背の低さを強調します。
軽やかで揺れ感のある素材を選ぶのがマスト。
特にプリーツはまっすぐになった折りが
ストライプ柄と同様Iラインを強調してくれます。
このプリーツススカートはイレギュラーヘムで長短ががある分、
足元に抜けが出てバランスよく着こなせます。

  • 19060240902020
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。

あなたにおすすめのまとめ記事

  • tops_yokobanner.jpg
  • dress_yokobanner.jpg
  • bottoms_yokobanner.jpg
  • outer_yokobanner.jpg
  • sundry_yokobanner.jpg
  • coorde_yokobanner.jpg

あなたにおすすめの記事

あなたにおすすめのアイテム