1. HOME
  2. MAGAZINE
  3. Early Autumn, Update my Basic!

Early Autumn, Update my Basic!

2019.06.21
FRAMeWORK

定番にこだわってきた今までのコラボレーションから、少し趣向を変えて…。
今回の裏テーマは、あえて金子さんのワードローブにはない“冒険”アイテム。
初めて実現した「Le minor」とのトリプルコラボレーション、
2型に絞り込んでこだわり抜いたブラウスとパンツは、
コーディネートの鮮度アップや幅を広げるための程よい“効かせアイテム”に。
夏服にマンネリを感じ始める今の時期から秋口まで、
季節をまたいで活躍すること間違いなしです。

変形ボートネックのトップス。
ネックは片方を落としたり、両肩を落としてオフショルダーにしたり…と、着方次第で変幻自在に変化。 ややコクーンシルエットの長め着丈は、チュニックやミニワンピースとしても楽しめるように工夫されています。 さらっと着るだけでニュアンスが生まれるように、長めに設定された袖には、Le minorのタグがさりげないアクセントを添えています。 素材にもこだわり、柔らかめの生地を採用することで、裾のブラウジングや袖まくりも簡単に。 より高い汎用性を追求しました。

  • 大人がギリギリ一枚で着られる丈感にこだわったのは、こんなコーディネートがしたかったから。
    体のラインを拾わないようにシルエットを計算したので、一枚で着てもセクシーになりすぎません。
    今っぽく見せるポイントは、ぺたんこ靴を合わせること。街ではもちろん、水辺で水着の上にさらっと着るのもオススメです。
  • 19070230000130
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。

  • もはや定番になりつつあるロング×ロングの合わせも、このカットソーならゆるくなりすぎない。
    ビッグT合わせとはひと味違う、カジュアルだけど女らしさもあるスタイリングが叶います。
    ヌーディべージュは、こんな風にワントーンでまとめるとより艶っぽく。
  • 19070230000130
  • 19030225108010
  • 19093230002310
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。

  • カジュアルな素材でも、色がブラックになると印象は一変。
    サテンのキャミワンピースに重ねて、ちょっとドレッシーに転ばせるものオススメです。
    イメージはリゾートでのドレスアップ。
    昼間は一枚でカジュアルに、夜はこんな着こなしでディナーに、なんて妄想が膨らみます。
  • 19070230000130
  • 19040225104010
  • 19093230005110
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。

大人っぽく履けるタイトスカート。
膝がすっぽり隠れるよう、長めに設定された丈には、脚細く長く見せる効果が。 さらにスッキリしたIラインをキープしつつ、タイトすぎない絶妙なシルエットにこだわり抜きました。 トップスとは逆に、程よく厚みのある生地を採用。 体のラインを拾うことなく、一枚でさらっと着られます。 トップスとセットアップにできるベーシックなオフ×ブラックボーダーに加え、 キャッチーでフレッシュなグリーン×ブルーボーダーの2色展開。

  • 少し暑さが落ち着いた秋口にやりたいのが、こんなシャツとのコーディネート。
    マンネリしがちはシャツも、ボトムにこうして大胆な色をもってくると小洒落た印象に。
    真面目にならないように、シャツはインにツルッとした黒のキャミを着て、艶っぽさをプラスします。
  • 19050220302130
  • 19051225103010
  • 19060230000030
  • 19090230000310
  • 19093230000130
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。

  • トップスとスカートをセットで合わせてワンピース風に。
    ウエストでゆるくブラウジングさせると、着こなしに立体感やニュアンスが生まれ、サラッとした一枚のリアルワンピースより、ずっと着映えます。
    ネックは両方下げて女っぽく。肩のアレンジでさらに印象が変わるのも面白い。
  • 19070230000130
  • 19060230000030
  • 19092230000230
  • 19093230000030
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。

立体的に胸元で大きく波打つフリルは、一見甘いようでモードな雰囲気も漂う。
まさに金子さんらしいひとクセブラウス。
上質なフレンチリネンの生地を製品染めすることで、グレーがかったアイボリーと褪せた黒のような、ヴィンテージライクな色みを再現。 さらに軽く着られるように計算された着丈、デコルテの開き加減やメンズライクな切りっぱなしの袖…など、 細部にまで金子エッセンスが凝縮されています。 一枚で着るのはもちろん、ニットと合わせるのもオススメだと金子さん。 夏はもちろん、秋口まで長く着られるのも魅力です。

  • レディなブラウスには、その対極にあるカジュアルなデニムを合わせてコーディネートにギャップを演出。
    これは洒落見せの鉄板のテクニックです。
    一見すると白ですが、よーく見るとグレーがかったようにくすんだ色みが、フリルの甘さを中和してくれるんです。
  • 19051220510030
  • 19030220702030
  • 19090230000110
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。

  • ボタンを外したり、袖をまくったり…といったアレンジで、ボリュームやシルエットを変えると、また違った印象に。
    このコーデでは、一番上のボタンを外して胸元をさらに大きく開け、タンクトップをレイヤード。
    こうして自分流に着崩せるのもこのブラウスの魅力です。
  • 19051220510030
  • 19070225101010
  • 19030220505030
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。

太めのストレートシルエットと軽やかなクロップド丈が新鮮なパンツ。
リラックスムードがありつつも、しなやかで落ち感のある素材で女らしく着こなせます。 ウエストに施された深めのタックとハイウエストのデザインは、スタイルアップ効果も絶大。 特殊なポリエステルの生地でシワになりにくく着心地も金子さんのお墨付き。 自宅で手軽にお手入れできるのも嬉しい。 今年らしいピンクブラウンとマスタードイエロー、定番のブラックの3色展開。

  • パンツの色みを生かした、今季らしいワントーンコーデ。
    暑さでついカジュアル一辺倒になりそうな夏のスタイリングも、このパンツを合わせれば程よくきれいめ見えします。
    合わせやすい、履いていて楽ちん、スタイルアップして見える…とまさにいいことづくめの自信作です。
  • 19070230003410
  • 19030220505030
  • 19092230000110
  • 19093230005110
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。

  • 今季のitアイテム、フォトTを大人が取り入れるなら、デニムではなくこんなきれいめパンツ合わせで。
    パンツは、さらっとノンストレスなのに程よいきちんと感もある、そんなバランスにこだわりました。
    このマスタードイエローは、インパクトがありつつも意外となじんで、秋口まで活躍しそうな予感。
  • 19070220317020
  • 19030220505030
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。

金子綾
人気雑誌「Oggi」「VERY」をはじめ
数々の女性誌で活躍するスタイリスト。
シンプルでベーシックな服の魅力を
最大限に引き出してつくる、
女性らしくキレ味のいいスタイルが得意。
上品且つこなれた配色センスも絶妙で支持を集める。
プライベートファッションをアップするInstagramは
フォロワー11万人超(@ayaaa0707

あなたにおすすめのまとめ記事

  • tops_yokobanner.jpg
  • dress_yokobanner.jpg
  • bottoms_yokobanner.jpg
  • outer_yokobanner.jpg
  • sundry_yokobanner.jpg
  • coorde_yokobanner.jpg

あなたにおすすめの記事

あなたにおすすめのアイテム