1. HOME
  2. MAGAZINE
  3. スタイリスト金子綾さんが考える 夏のIENA的カジュアル

スタイリスト金子綾さんが考える 夏のIENA的カジュアル

品よくフェミニンなIENAのワードローブ。でも、夏はそれだけじゃない。心地よい開放感と、ワクワクするようなホリデー気分をプラスしたイエナらしいカジュアルスタイルを、人気スタイリストの金子綾さんが提案します。

2019.05.08
IENA

品よくフェミニンなIENAのワードローブ。
でも、夏はそれだけじゃない。
心地よい開放感と、ワクワクするようなホリデー気分をプラスした
イエナらしいカジュアルスタイルを、人気スタイリストの金子綾さんが提案します。

真っ白ベースよりも、ニュアンスのあるベージュのロゴT。柔らかい色味だから、どこか女らしさがあってほどよいカジュアルさ。ロゴTには、スカートを合わせるのが気分。ほっこりしがちなふんわりスカートも、全身をヌードトーンでそろえて、抜け感のあるサンダル、サングラス、ターバンなど小物合わせで小粋に仕上げたい。

  • 19070900010210
  • 19060900513120
  • 19060900513020
  • 19060900513220
  • 19090910006310
  • 19116910000510
  • 19093910005110
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。

万能なブラックワンピース。素材感はラフなのに、ぐっと大きく開いたネックラインが何とも女っぽい。ハイウエストの切り替えで、スタイルアップも叶います。コーディネートは、甘くなりすぎないようスポーティな要素を取り入れて。夏は足もとで、スニーカーよりカジュアルに偏らないサンダルがいいバランス。

  • 19040900014020
  • 19091910014810
  • 19092910012210
  • 19093910006310
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。

一枚でも、レイヤードしても着られるワンピースが重宝。一枚の時は、ぺたんこサンダルと。デニムみたいなカジュアル合わせなら、今年はヒールを。たとえば、こんな華奢なストラップサンダルが、コーディネートを引き締めてくれます。鮮やかなグリーンもデニムとグラデーション配色にすると、馴染んでよし。

  • 19040900900020
  • 19030900545010
  • 19090900001020
  • 19091910005610
  • 19092910013210
  • 19093910008910
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。

セットアップはそれだけできちんと感があるから、あとはカジュアルに振れば、たちまち洒落て見える優秀アイテム! 今年らしいラベンダーカラーのTシャツも、自分らしいセットアップに合わせればすんなり取り入れられるはず。メンズライクになり過ぎないよう、パール付きのヌーディサンダルで女性らしさをキープして。

  • 19010900006020
  • 19070910009010
  • 19030900012020
  • 19091910005510
  • 19092910013010
  • 19093910009710

ルーズになりがちな夏のコーディネートも、セットアップなら大人らしいきちんと感が保てるから好き。ときにナチュラルに行き過ぎるリネン素材のアイテムだけれど、これは女っぽくてハンサムさもあって、着るだけでこなれるさじ加減が絶妙ですよね。キメすぎにならないよう、ビッグバッグとフラットシューズでハズして。

  • 19051900577020
  • 19030900558020
  • 19091910005110
  • 19092910012310
  • 19093910005710
  • 19091910013910
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。

ベーシックなツインニットはどこにでもあるけれど、首の詰まり具合や肩のラインが絶妙でコンサバになり過ぎないのは他にない魅力。真面目な印象にならないよう、ラフなコクーンパンツと合わせるのが今年流。ツインニット自体の端正さを崩していくイメージで、ハットやビーサンを合わせます。それから、夏のダークカラー配色も大好き。

  • 19080900405020
  • 19080900403020
  • 19030900013020
  • 19095910002610
  • 19093910010410
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。

金子 綾 / スタイリスト 人気雑誌「Oggi」「VERY」「otona MUSE」をはじめ数々の女性誌で活躍するスタイリスト。シンプルでベーシックな服の魅力を最大限に引き出してつくる、女性らしくキレ味のいいスタイルが得意。 上品且つこなれた配色センスも絶妙で支持を集める。プライベートファッションをアップするInstagramはフォロワー110K超(@ayaaa0707


あなたにおすすめのまとめ記事

  • tops_yokobanner.jpg
  • dress_yokobanner.jpg
  • bottoms_yokobanner.jpg
  • outer_yokobanner.jpg
  • sundry_yokobanner.jpg
  • coorde_yokobanner.jpg

あなたにおすすめの記事

あなたにおすすめのアイテム