1. HOME
  2. MAGAZINE
  3. 「大人が着られる ネクストブルゾンとは?」:EDIFICE 2019 SPRING / SUMMER

「大人が着られる ネクストブルゾンとは?」:EDIFICE 2019 SPRING / SUMMER

三寒四温が始まり、徐々に春の足音が聞こえ始めてくるこの時期。軽く羽織る事ができるアウターと言えば、”ブルゾン”ではないでしょうか。今回は、EDIFICE(エディフィス)が提案する新たなブルゾンの選択肢、“フードブルゾン”にスポットを当て、EDIFICEオリジナルのキーマンであるプランナーの山本がお伝えします。

2019.02.08
EDIFICE

三寒四温が始まり、徐々に春の足音が聞こえ始めてくるこの時期。
軽く羽織る事ができるアウターと言えば、”ブルゾン”ではないでしょうか。

今回は、EDIFICE(エディフィス)が提案する新たなブルゾンの選択肢、“フードブルゾン”にスポットを当て、
EDIFICEオリジナルのキーマンであるプランナーの山本がお伝えします。

「最近、春に着るアウターをお探しのお客さまのニーズの中に、”ジャケットほどカッチリしてなくて、子供っぽくならないモノ”という具体的なニーズが増えてきたように思います。」

「そんな声に応えるべく、品のあるシャンブレー素材で、アクティブなシーンでも活躍するメモリー(形状記憶)ツイルを使用したフードブルゾンを制作しました。」

「フードというとかわいくなりがちなデザインかと思いますが、ディテールを極力そぎ落とし、シンプルなデザインにしたところや、袖山を高めに設定することで生まれるシャープな見た目が、大人の男性にも抵抗なく取り入れていただける部分だと思っています。」

「そして、今回、素材選びにも非常にこだわりました。行楽シーズンを迎え、遠方への旅行をする方も増える中で、アクティブに動き回るシーンを想定した”復元力”にフォーカスした生地選びがポイントです。」

「ポリエステルのメモリー(形状記憶)素材なので、シワがついても軽く生地を整えるだけで元に戻ります。」

「日中、気温が高くなってきて、アウターを脱いだ際、気兼ねなくバッグに収納したい…。」

「そんな良くあるシーンにその効力を体感いただけると思います。」

「カラーはシックなネイビーカラーに、陰影のある上品なシャンブレー感が特徴のグレー。
大人の品のあるスポーツ感を醸し出すベージュ、カーキも魅力的かと思います。」

「レザーのライダースブルゾンやMA-1などに代わる新しいショート丈のブルゾンとして、是非大人の男性に着ていただきたい一品が仕上がったと思っています。」

ユーザーのニーズを汲み取り、商品開発を行った【実用的】かつ【モダン】なブルゾンは、「カッチリしすぎず、子供っぽく見えない」、ちょうど良いアイテム。この春のアウターの本命として、是非ご覧ください。

  • 19011300100210

EDIFICE プランナー 山本啓示(やまもとけいじ)

EDIFICEに新卒一期生で入社し、以後17年間企画に携わる山本さん。
ユーザーのニーズにしっかりと応えつつも旬を加味したアイテムを提案することをモットーとしている。


あなたにおすすめのまとめ記事

  • アウター
  • 別注
  • シューズ
  • グッズ.jpg

あなたにおすすめの記事

あなたにおすすめのアイテム