1. HOME
  2. MAGAZINE
  3. 小泉里子が着る!安西こずえが解説!IENA 冬のレコメンドアイテム Vol.2 コート&ニットで 真冬のおしゃれを ブラッシュアップ!

小泉里子が着る!安西こずえが解説!IENA 冬のレコメンドアイテム Vol.2 コート&ニットで 真冬のおしゃれを ブラッシュアップ!

2018.11.02
IENA

小泉里子が着る!安西こずえが解説!
IENA 冬のレコメンドアイテム Vol.2
コート&ニットで 真冬のおしゃれを ブラッシュアップ!

モデル小泉里子さん&スタイリストCOZこと安西こずえさんを迎えて、
IENAの冬のレコメンドアイテムを紹介する企画の第2弾。
真冬の寒さにも負けない暖かなコート&ニットをピックアップし、
おしゃれに着こなすコーディネート術をレクチャーします。

「ラペルが大きめで羽織るだけでサマになる、こういうガウンのようなコートが個人的にも好き!黒ながらサイドスリットで軽やかに着こなせるので、揺れ感のある柄スカートを合わせ、風を切って歩きたいですね。足元はロングブーツでもいいですが、今季らしさを追求するなら断然ウエスタンブーツ!通勤スタイルにもマッチする都会的なデザインで、一気に旬度がアップ。寒さの気になる首元には、巻き方に悩まず、簡単におしゃれが手に入るティペットでレディに仕上げて」

  • 18020900554040
  • 18080900730030
  • 18060900806040
  • 18090910000430
  • 18092910010230
  • 18093910001730
  • 18091910001030

「淡色だと膨張して見えがちなニットは、柄編みを選ぶとスッキリ! ダイヤ柄でメリハリを効かせつつ、ボトルネック&パフスリーブに女性らしさも香るキャメルニットは、まさに理想の一枚。全身無地アイテムばかりでもまったりせず、シックな印象に。今年は茶色が当たり年なので、私が猿×猿コーデと呼んでいる(笑)、茶系のグラデーションカラーでまとめるのがオススメ。ワントーン濃いスカートで印象を引き締めつつ、バッグにだけボルドーを差すのがオ・ト・ナ♪」

  • 18080900739030
  • 18060900203230
  • 18098910000930
  • 18092910007330
  • 18093910010530

「IENAでも毎年大人気というカナダグースのダウンコート。暖かさと軽さを両立した防寒アウターの代表格で、これさえあれば真冬のチャリも平気(笑)! ただ、ダウンの難点はイメージがカジュアルになりすぎること。おしゃれにこなれて見せるには、ズバリ、抜け感を意識してみて。ケーブル編みニットもネック開きが深めなら、ほっこりせず女性らしくなります。デニムやムートンブーツの代わりに、ミニスカートやカラータイツを。小物で可愛らしさを取り入れるのもポイント」

  • 18020910002030
  • 18080900749030
  • 18060900005040
  • 18096910000130
  • 18091910001630
  • 18092910105030
  • 18094941001030

「冬スタイルは色も素材も重たくなりがち。だからこそ、一点キレイ色を投入するだけで、着こなしがリフレッシュされ、気分も華やぎます。例えば、このフィッシャーピンクのニット。顔映りを明るく彩るだけでなく、カシミア混の肉厚素材でとっても暖かい! トップスの色を引き立てるライトグレーのパンツをチョイスし、アームウォーマーにもグレーをリフレイン。バッグや靴にも色を使いながら派手にならないのは、グレーが鮮やかな色の印象を和らげつつ上品に仕上げてくれるから」

  • 18080900726030
  • 18030900536030
  • 18090910005830
  • 18092910006130
  • 18093910006630

「フードを取り外してノーカラーコートでも着られる2WAYデザインと、パンツにもスカートにも似合う丈感。そして、ポケット口のパイピングやファスナーなどリッチ感漂うディテール。ここ数年リピート生産している人気型のコートは、ネイビー、黒、白といった定番色も魅力ですが、新色のチャコールグレーなら、今季IENAにたくさん登場しているくすんだブルーやヴィンテージっぽいテイストとも好相性。スカーフ柄ブラウス&配色バッグで、レトロクラシックな装いを目指して」

  • 18020900900030
  • 18050900003040
  • 18030900806040
  • 18098910000330
  • 18092910001430

スタイリスト / 安西こずえ Kozue Anzai

数々のファッション誌をはじめ、広告やメンズのスタイリングなど幅広く活躍。
COZ(こず)の愛称で親しまれ、ご自身の人柄を映したような、自由で親しみやすいコーディネートに人気モデルやタレントから絶大な信頼が集まる。
2016年から、水着を中心にした大人のためのバカンス服「mikomori」をプロデュース。

Instsgram:@cozcozrin