1. HOME
  2. MAGAZINE
  3. 干場義雅ディレクターに聞くEDIFICEと『PELLE MORBIDA』の共通点とは?

干場義雅ディレクターに聞くEDIFICEと『PELLE MORBIDA』の共通点とは?

2018.09.21
EDIFICE

干場義雅ディレクターに聞くEDIFICEと『PELLE MORBIDA』の共通点とは?

ファッションディレクターの干場義雅氏が手がけるバックブランド『PELLE MORBIDA』が
9月21日からLE DOME EDIFICE 丸の内で初となるPOP-UPを開催。
通常は展開していないブランドだけに、この期間だけのスペシャルなラインナップに注目が集まっています。
今回はその仕掛け人である干場氏にEDIFICEのスーツを着ていただき、自身のブランドやスーツ論について語っていただきました。


―講談社のウェブマガジン『FORZA STYLE』の編集長を務める傍ら、テレビやラジオなど様々なメディアでもレギュラーを抱えるなど活躍の場を広げていらっしゃいますが、改めてバッグブランドの『PELLE MORBIDA』をプロデュースした経緯をお聞かせください。なぜ“船旅”がコンセプトなのですか?

干場:僕の人生をガラリと変えたのが、船旅だったんです。クルーズに魅了され、その魅力を多くの人に伝えたいという思いから、雑誌を作ったり、船旅をテーマにラジオのパーソナリティとしてお話しさせていただいたりしています。バッグ作りもその想いから。『PELLE MORBIDA』は、船旅を愛する優雅で上質なライフスタイルを送る人のためのブランドです。上質な素材で、デザインはシンプルに。そして多くの人に持っていただきたいので、適正価格にもこだわりました。

目指すのは、使い勝手良くデイリーに活躍するバッグ

―今シーズンのコレクションについてお聞かせください。

干場:コンセプトに沿って、毎シーズン“寄港地”となる国をテーマに設定しています。18-19FWはロンドンを中心としたイングランドクルーズがテーマ。メンズドレスのトレンドである英国クラシックのスタイルに合うアイテムを揃えています。あと力を入れているのは使い勝手の良さですね。
例えばこの「キャピターノ」シリーズのブリーフケースは、型押し加工のレザー。傷や汚れがつきにくい素材なので、デイリーに活躍します。ネイビーはコーディネートに合わせやすいカラーですしね。シーズンごとにお客さまの声を反映し、商品をブラッシュアップしています。

―本日着ていらっしゃるEDIFICEのスーツともコーデしやすいですね。

干場:そうですね。ブルー系のトーン・オン・トーンの着こなしは好きなスタイルです。EDIFICEのスーツはアームホールが狭く、脇の下が吸い付くようなジャストフィットの着心地に驚きました。肩から背中にかけてもピッタリと沿うようなイメージです。既成スーツだと、個人の体型に合わせることってなかなか難しいんですけど、このスーツにはフィットへのこだわりを感じましたね。

ドレススタイルはトーン・オン・トーンで

―普段のスーツスタイルで気をつけていることやマイルールはありますか?

干場:スーツからシャツ、タイ、シューズまで、すべて色のトーンを統一しています。時計のベルトやメガネのフレームなども。目立つのが好きじゃないんです。ビジネスのシーンはあくまで「仕事」であって、相手からの信頼を得られるかが大事なんです。信頼されないような格好はアウトなので、スーツ自体が目立たないように気をつけていますね。「スーツ素敵ですね」より「干場さん素敵ですね」と言われる方が嬉しい。柄ものはほとんど着ないです。この考えはブランドにおいても反映されています。普遍的で長く愛用できるようなデザインを心がけています。

―その干場さんの哲学から、EDIFICEはどのようなお店に映りますか?

干場:感度高く上質なベーシックを提案しているところに共感します。先ほどのビジネスの話に戻りますが、「人からどう見られるか」ってとても大事ですよね。“仕事ができる=キチンとTPOに合わせた格好ができる”ことは大前提。そのためには、知識をたくさん積み重ねないと。特にスーツの世界はマナーやルールがたくさんありますよね。基本がしっかりわかっていないと、応用はできないものです。本物や名品を揃えるEDIFICEで、その研鑽を積めると思います。

世界を見たからこそわかる日本のクオリティーを形に

―今回初めてPOP-UPを開催することで、EDIFICEと『PELLE MORBIDA』の親和性が伝わりそうですね。

干場:そうですね。EDIFICEのイベントを通して、少しでも多くの方にブランドのストーリーや商品のこだわりを知っていただけたら嬉しいです。EDIFICEとは、日本だけでなく、世界を見てきた上で作られているジャパンクオリティーの高さというところにも共通点を感じます。Made in Japanは品質の良さに加えて、コストパフォーマンスの良さもメリットが大きいですからね。プライスを押さえているのには、その分浮いたお金で船旅に出てもらいたいという思いもあるからなんです。船旅は、人生を変えるくらいロマンティックなストーリーがあることを、ぜひ知ってもらいたいです。

―ご自身の船旅の実体験がコレクションに生かされていますが、最近はどちらに行かれましたか?

干場:5月にバンコクからホーチミンまで旅をして、インスピレーションをたっぷりもらってきました。ちなみに来年からは、2020年の東京オリンピックを見据えて日本にフォーカスしようと思っています。より一層ジャパンクオリティーを深掘りしていきたいと思っていますので、楽しみにしていてください。

text by Chikako Ichinoi


【PELLE MORBIDA POP-UP IN EDIFICE MARUNOUCHI】
開催日:9/21(金)〜10/8(月)
場所:LE DOME EDIFICE 丸の内店
営業時間:11:00〜21:00、日祝 11:00〜20:30


【SPECIAL EVENT】
開催日:9/28(金)
場所:EDIFICE 丸の内店

<タイムテーブル>
18:00〜 ドリンクサーブ
19:00〜 干場義雅氏によるトークショー
19:30〜 干場義雅氏の接客による販売会
なお、今回のイベントに花を添えるべく、干場氏がアンバサダーを務める名門シャンパーニュ メゾン マムをご提供致します。


【シャンパーニュ メゾン マム】
勝者を祝う場面には欠かせない、名門シャンパーニュ メゾン マム。
1827年の創業以来、「Only the Best 〜最高のシャンパーニュだけを〜という理念を掲げ、現在も大切に受け継いでいます。
そのメゾン マムから、昨年秋、イノベーティブでアイコニックなボトルデザインの<マム グラン コルドン>が発売されました。
メゾン マムのブランドコンセプト「DARE, WIN, CELEBRATE(挑戦、勝利、祝福)」の通り、
皆様の祝福の瞬間に欠かせないシャンパーニュとしてお愉しみください。