1. HOME
  2. MAGAZINE
  3. CURRENTAGE 私をアップデートする服 〜 クリエイションの背景からひも解く人気の秘密

CURRENTAGE 私をアップデートする服 〜 クリエイションの背景からひも解く人気の秘密

前編は、“大人の日常着”にぴったりの上質で洗練されたアイテムを生み出すデザイナー塚崎恵理子さんに、 プラージュ バイヤー 森山智美がインタビューさせて頂きました。

2018.09.12
Plage

CURRENTAGE 私をアップデートする服
クリエイションの背景からひも解く人気の秘密

プラージュが敬愛するブランド、
カレンテージの特集を前後編に渡ってお届けします。

前編は、“大人の日常着”にぴったりの
上質で洗練されたアイテムを生み出す
デザイナー塚崎恵理子さんに、
プラージュ バイヤー森山智美が
インタビューさせて頂きました。


CURRENT + VINTAGEの造語 CURRENT + AGEの造語
クラシックな洋服の成り立ちに少しの新しさを加えて
モダンな佇まいに仕上げる
世代や時代を超えて
今を生きる女性のためのワードローブ

Q.塚崎さんがカレンテージで目指すこととは?
袖を通した時に心地よく、鏡を見た時に気持ちが上がる、女性たちの日常に寄り添って少しでも力になれるような服作りを心がけています。今はフリマアプリが人気で、買うのも手放すのも簡単な時代です。でも私たちが作る服は、「毎年じゃなくても数年後にまた着たいから大切にとっておこう」と思えるような、長く側に置いてもらえる服でありたいと思っています。

Q.秋冬のテーマについて教えてください。
1920年代にフランスで活躍した女性建築家のアイリーン・グレイが今季のテーマです。代表作である南仏の別荘E1027、生涯最後のデザインと言われるピンクのパーテーション、故郷のアイルランドの冬の海や空の色からインスピレーションを受けました。南仏、アイルランドは現地にリサーチに赴き、実際に自分の目で見て感じた色、形、パターンをコレクションに盛り込んでいます。

Q.クリエイションのこだわりは何でしょうか?
コンセプトやインスピレーションをパーツに落とし込んでいくために大事なのは素材です。ほとんどの素材は各メーカーに別注してイチから作っています。素材作りは、最初に取り掛かる作業。そして並べて見た時の印象がきれいか、最終的に何に落とし込んだらその素材が生きるか、ということを吟味します。軽さや肌触りなど最終的な仕上げの工程まで、とことん粘って作り上げます。

Q.どのくらいの頻度で海外に行かれますか?
シーズン毎に1回以上は行きますね。日本も大好きなのですが、やはり電話がバンバンかかってきてなかなか休まりません。でも海外は自分が生活していない場所なので完全にリセットできるし、思考もクリアになります。そういう意味で、多少無理をしてでも海外に行って自分だけの集中できる時間を作った方がいい。それが次のクリエイションの原動力にもなります。

今季のテーマ、アイリーン・グレイ関連の本です。これらは、見つけた時に買い溜めていたもの。そうやって気になることに関する情報はストックしておきます。その時は読まなくても、ふとした時にめくってみたら気分にぴったり! なんていうこともよくあるので。

旅先では必ずマーケットに立ち寄って、古い布やレースをちょこちょこ買って収集しています。いつか何かの役に立てばいいな、と思っているんです。例え破れたボロボロの古着でも、今では珍しいクラシックなディテールの参考のために手に入れることもあります。

最初にブランドを始めるときに、自分が大切にしているベーシックなワードローブやイメージに合致する人やものの写真を集めたコンセプトブックを作りました。この写真は、サン・ローランのドレスを着たカトリーヌ・ドヌーブ。肌の見せ方など、すべてが素敵です。

インテリアの一部としての器が好きで、色や形にインスピレーションを刺激されます。こだわりがあるわけではなくて、その都度気に入ったものを海外の蚤の市で見つけるのが楽しい。買った時のやりとりやその街の風景など、見るたびに思い出して嬉しくなります。


カレンテージの新作コレクションから
秋冬ワードローブを素敵に彩る
8つのアイテムをピックアップ。
デザインのこだわりや素材にまつわることなど、
デザイナー塚崎さんから届いたコメントも要チェックです。
  • アイルランドの海のイメージで、マリンテイストのニットを。ディテールは漁師が着るガンジーセーター風ですが、アンゴラ混の柔らかい糸を使用して女性らしく。あえてのビッグサイズで今季らしい着こなしが可能です。
  • 18080923003730
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。
  • デビュー以来継続して作っているピーコート。大人っぽく見えるようディテールをなるべく取り除き、女性が着てきれいな印象になるよう、フォルムに丸みをつけ、袖にも膨らみを持たせています。軽くて着心地も抜群です。
  • 18020923003230
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。
  • 技術に定評のある山形の工場でかなり特殊な編み方を施した圧縮ニット。背中は膨らみを持たせてクチュールっぽい雰囲気に。一見スウェット風でカジュアルな印象ですが、着ると女らしくクラシックなイメージになります。
  • 18080923004030
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。
  • シーズンによってさまざまな素材で作っているエッセンシャルなハイウエストのワイドパンツ。今季は、高密度の圧縮ウール。リラックスしたジャージのような柔らかな着心地なのに、膝が出にくいという機能性も共存。
  • 18030923001730
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。
  • アイルランドの海を表現したジャガードカーディガン。あえて伝統的な柄は使わず、落ち着いた配色、抽象的な柄で大人っぽさを意識。抜け感のあるガウンタイプで、前後逆でも着られるので、V開きで背中を見せても素敵。
  • 18080923003930
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。
  • 適度な透け感があって、1枚はもちろん気の利いたインナーにもなるニットはとても便利なアイテム。モックネックの首元が少しだけクラシックなテイスト。裾や袖口のフリル風ディテールがちらっと見えると可愛いです。
  • 18080923004130
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。
  • 襟先が徐々に細くなるなど、ディテールはクラシックな作り。あえて身幅はビッグシルエットにし、前身頃と後ろ身頃の着丈の差も広めに設定して動きをプラス。1枚でも地味にならず、モダンに着られる主役シャツです。
  • 18050923000730
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。
  • 変形ポップコーンと立体感のあるリブのコンビで織り方に変化をつけ、今っぽいざっくりとしたボリュームニットに仕上げました。2色を寄り合わせて作ったオリジナルの糸で、大人が着られる奥行きのあるピンクを実現。
  • 18080923003830
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。