1. HOME
  2. MAGAZINE
  3. Le Talon GRISE × 竹下玲奈 スペシャルコラボレーション

Le Talon GRISE × 竹下玲奈 スペシャルコラボレーション

ファッションやライフスタイルで常に注目を集める モデルの竹下玲奈さんとベイクルーズグループ40周年を記念したコラボレーションを展開。 靴好きでもある彼女が選んだのは、シーンを問わず “どこへでも行ける”バレエシューズとレースアップシューズ。 上品でモダンな女性像をイメージした、彼女のセルフスタイリングでお届けします。

2018.09.06
Le Talon

Le Talon GRISE × 竹下玲奈 スペシャルコラボレーション

ファッションやライフスタイルで
常に注目を集めるモデルの竹下玲奈さんと
ベイクルーズグループ40周年を記念した
コラボレーションを展開。
靴好きでもある彼女が選んだのは、
シーンを問わず“どこへでも行ける”
バレエシューズとレースアップシューズ。
上品でモダンな女性像をイメージした、
彼女のセルフスタイリングでお届けします。

<販売スケジュール>
■2018年9月6日(木)
オンラインストアにて先行発売

■2018年9月13日(木)
Le Talon GRISE ルミネ新宿2店
Le Talon全店にて発売



日常からフォーマルなシーンまで幅広く楽しめる
ポインテッドトゥのバレエシューズ。
「カジュアルもきちんともフォローでき、
日々忙しいあらゆる女性のどんな予定にも
寄り添う靴を作りたかった」と玲奈さん。
  • 「バレエシューズは足の指のつけ根がちらっときれいに覗くことに気を配ってカットを何度も微調整しました。低ヒールでもシャープなポインテッドトゥとこのカットのおかげでぐっと女性らしい印象に」。ブラックのエナメルはいつものデニムに、特別な予定がある日にはリトルブラックドレスと。
  • 18192820155430
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。
  • レオパードファーは玲奈さんが最近気になっているというパープルを差し色に。ヒールはゴールドを選択。「バレエシューズのリボンやテープはバランスを考え、子供っぽく見えないようあしらいをできるだけ華奢に。コケティッシュな柄と、自由なおしゃれを楽しんでほしいです」。
  • 18192820155430
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。
  • 「私にとって足なじみのいい、歩きやすい靴=バレエシューズ。子供の頃モダンバレエを習っていたので、そのイメージがずっと頭の中にあって、普段よく履きます。素材によって表情が変わるブラックはエナメルに加え、優雅な光沢をもつベロアも選びました。シルバーヒールのさりげない遊びが全体のアクセントに」。
  • 18192820155430
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。


フォルムと履き心地の良さにこだわった
マニッシュなレースアップシューズ。
玲奈さんのインスピレーションの出発点は、
スニーカーとジャズダンスシューズを
かけ合わせたようなデザイン。
「軽くて楽ちんな履き心地をぜひ試してみてください」。
  • シックなブラウンのレオパードは派手過ぎず、なじみやすい柄をセレクト。靴底はスニーカーのような厚いソールではなく、できるだけ薄くすることで、カジュアル過ぎないように仕上げたのが玲奈さんのこだわり。「私はロング丈のニットワンピースやミモレ丈のプリーツスカートなどに合わせるのがイメージ。足首を覗かせて抜け感を出します」。
  • 18192820325830
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。
  • 「私自身が欲しい靴を思い描き、個人的な形の好みを落とし込んだ一足。甲の部分はコロンと丸みをもたせ、ノーズはすっと長めに仕上げたレースアップシューズです。ひざ下をきれいに見せるのはもちろん、どんな足型にも合うから歩きやすく、おすすめですよ」。ブラックのサテンは秋のクラシックなコーディネイトに。
  • 18192820325830
  • ※クレジットの記載がないアイテムは入荷次第記載されます。

バレエシューズはブラックのエナメルとベロア、パープルが効いたレオパードファーの3色、レースアップシューズはブラックのサテンとブラウンのレオパードサテンの2色。
秋らしく、シックな素材を使用したラインナップに。
スペシャルなシューズボックスには竹下玲奈さんの直筆サイン入り。
「どこへでも行ける靴と、ぜひ素敵な場所へ」。

Model:Rena Takeshita
Photographer:Kazuki Nagayama(S-14)
Hair & Make up:Kyohei Sasamoto(ilumini.)
Editor:Machiko Suyama