1. HOME
  2. MAGAZINE
  3. バイヤーが買付けた!こだわりアイテム紹介《vol.2》

バイヤーが買付けた!こだわりアイテム紹介《vol.2》

BOICE FROM BAYCREWSは、一つの世界観に拘ること無く、ベイクルーズグループ内の様々な声を拾い上げ、多種多様な幅広いラインナップを通じて、作り手やバイヤーの想いをお届けするブランド。2018年春夏も、個性的なバイヤーたちが自らのセンスと想いだけを頼りに、国内外から買い付けてきたこだわりのラインナップがそろっています。

2018.03.11
男性 2カット 黒着用 黒×白着用全身

バイヤー山下の注目はMAINU

特定の時代にとらわれず、様々なカルチャーや、流行から学び、その技法やデザインをうまく今に落とし込んでいるブランドです。普段着ているアイテムに1点、MAINUのアイテムを付け足すだけで、普段のコーディネートから一変。スタイリングのアクセントとなるアイテムが見つかります。普段ベーシックを好んで着ている方にも是非挑戦していただきたいブランド、アイテムです。きっとファッションを楽しむという感覚を再認識していただけると思います。






バイヤー山下 智章(やました ともあき)

バイヤー山下 智章(やました ともあき)
2009年ベイクルーズ入社。 LE DOME EDIFICE新宿店配属後、丸の内、池袋、TOKYOと店舗を異動。2015年LECHOPPE オープンに伴いオープニングスタッフとして参画。現在、EDIFICE TOKYO(渋谷店)にて勤務。買い付けの際は、まず、そのアイテムを身につけたり、使用したとき自分自身のテンションがあがるかどうかということを考えます。入社当時からドレスアイテムやカジュアルアイテム、古着など幅広く触れる機会が多かったので、ファッションのカテゴリーに対してあまり偏見がありません。物事をフラットに見る様にしています。



パンツ 2本 静物

バイヤー太田おすすめはPrivate brand by s.f.s

デザイナー山口健太が考える「シンプル」「機能性」「スポーティー」を具現化したブランド、「Private brand by s.f.s(プライベート ブランド バイ エスエフエス)」。シルエット調整にもなるベンチレーション、強力撥水生地であるBEFONDを採用したパンツは、一型ワンサイズ展開という拘りが詰まったアイテムです。シンプルなものが表現する静かな存在感を体現したパンツにぜひトライして欲しい。




顔写真 黒タートルGジャン着用

バイヤー太田 篤志郎(おおた とくしろう)
2009年、JSM池袋店に入社。渋谷店、表参道に異動し、渋谷店では管理職に。その後、JSM自由が丘、JSM立川店に勤務。2017年9月より、現JSM渋谷店店長を務める。“より多くのお客様の興味を引くことの出来るもの”を前提にバイイングしています。ベネフィットを意識し、この商品を買ったお客様がどう感じるか、使ってくれるかを意識しています。


3回にわたってお届けしたBOICE OF BAYCREWSの春のこだわりアイテム。他のラインナップもぜひチェックしてみてください。






text/Mari Shamahata