1. HOME
  2. MAGAZINE
  3. 小山田早織スパルタおしゃれ塾 第11回ワントーンコーデ問題

小山田早織スパルタおしゃれ塾 第11回ワントーンコーデ問題

雑誌をベースにテレビやブランドディレクターなど幅広く活躍する人気スタイリスト小山田さん。品格と知性のある計算された着こなしを得意とする彼女に、冬のファッションのお悩みを解決してもらうこの連載。第11回目のテーマは「ワントーンコーデ」。知っているようで意外と難しい、ワントーンコーデのおしゃれな着こなしを伝授。

2018.01.11
小山田さん全身 ベージュコート 白ニット ベージュプリーツスカート 茶パンプス 茶バッグ

Q「よくワントーンコーデという言葉を耳にするのですが、どう組み合わせていいかわかりません。どうすれば、おしゃれに見えますか?」

「ワントーンコーデはまったく同じ色同士の組み合わせより、ざっくりと同じ雰囲気の色みを合わせるとコーディネート感がでておしゃれに見えます。今、おすすめなのは春を意識した大人なベージュ。ベージュのワントーンはフェミニンだけれど、シャイニーな色をいれることで辛口派も着られるおしゃれな組み合わせに。濃淡をつけることでメリハリをだせば、計算されたのっぺりしない着こなしの完成」


小山田さん上半身 白ニット ベージュプリーツスカート

A「同系色合わせは濃淡をつけるのが大切なんです」

「ベージュのワントーンコーデならば、ベージュ一辺倒にするのではなく、白を取入れると一気に明度があがり抜け感がでて馴染みやすく。さらに万能な色なので、シャイニーなスカートをコーデに馴染ませてくれる役割も」


小山田さん足元 茶スエードパンプス

表情のある質感の小物合わせがおしゃれ度アップのカギ

「靴も手を抜かずに服と同系色で合わせるのがポイント。大物のコートと合わせるとしっくりとまとまります。さらに、スエードなど質感のある素材のものを持ってくると着こなしにシャレ感が加わるのでおすすめです」

コート ¥36,720(税込)
JOURNAL STANDARD 品番17020400150030

ニット ¥12,960(税込)
JOURNAL STANDARD 品番17080400631030

スカート ¥23,760(税込)
JOURNAL STANDARD 品番18060400708010

バッグ ¥36,720(税込)
JOURNAL STANDARD 品番18092410000110

シューズ ¥11,880(税込)
SLOBE IENA 品番18093913008910

※表示している商品の価格は予告なく変更する場合がございます。

スタイリスト 小山田早織(おやまださおり)さん
女性らしくシンプルだけれど今っぽさを取り入れたスタイリングを得意とする人気スタイリスト。タレントからの支持も熱く、雑誌やカタログで活躍中。最近は初の著書『身の丈にあった服で美人になる』(講談社)が発売中。

■バックナンバー
第1回〜第17回はこちら
第18回 流行ジャケット問題
第19回 デート服問題
第20回 春のアウター問題
第21回 春服寒い問題
第22回 私の注目服問題
第23回 着まわし服問題
第24回 ボリュームスカート問題



photo/Masahiro Noguchi  styling&model/Saori Oyamada edit&text/Nirai Ikeshiro


【あなたにオススメの記事】
小山田早織のスパルタおしゃれ塾
今週の占いをチェック!
インスタ映え小物