1. HOME
  2. 特集
  3. 浜島直子さんが着る フレームワークの最旬着映えニット
    • これからの季節、デイリーコーデの軸になるのはやっぱりニット。
      着映え感抜群の最旬ニットを、浜島直子さんの着こなしでお届けします!
    • scroll

    01.デニムスタイルに女らしさを添える
    カシミヤ混のピンクカーディガン

    コットンカシミヤの柔らかな質感とスムース編みのすっきりとした表面感が、シンプルなデザインに上質さをもたらす一枚。ハギ目を目立たせたアウトリンキングがこなれ感を添えて。

     
     

    ストライプシャツにインディゴデニムを合わせた今シーズンらしいトラッドライクな着こなしに、誰をも魅了するピンクのカーディガンをさらりと羽織って女らしさをプラスして。ヒップが隠れる安心感のある丈が縦ラインを強調し、端正な印象を盛り上げます。

     

    02.最愛のボーダーニットこそ
    スペシャルなムードで着こなして

    上質なウールとカシミヤをブレンドしたふんわりとした素材感が特徴のボーダーニット。やや太めのボーダーピッチとポンチョのようなオーバーサイズのシルエットが、スペシャル感を演出します。

     

    ともするとカジュアル過ぎになりがちなボーダーニットは、センタープレス入りのフルレングスパンツを合わせることで、一気にきちんとしたムードに。スポーティなベストを合わせても、大人らしい雰囲気で着こなせます。

     

    03.鮮やかなオレンジニットで楽しむ
    心も躍るボーイッシュカジュアル

    曲線的なラインと前後差をつけた裾で、とびきり女らしい表情に仕上がった両畦ニット。体が泳ぐオーバーサイズが、女性の華奢さを強調する一枚です。

     

    顔色をパッと明るく演出するオレンジのニットに、太めのチノパンとフレームワーク別注のチェック柄バブアーをコーディネートし、ボーイズライクな着こなしを完成。ざっくりとした全身バランスが、とびきりキュート!

     

    04.カーデ以上、アウター未満。
    何より便利なショートガウンを一枚

    昨年人気を博した圧縮ウールのガウンを、肉薄&ショート丈でアップデート。より軽くて着やすい一枚が誕生しました。襟のボリューム感とドロップショルダーが、女性らしいニュアンスを醸し出して。

     
     

    ショートガウン、ロングシャツ、スキンニットを重ねた、トレンドのレイヤードスタイル。ロングブーツを合わせることで、さらに今季らしさが際立って。鮮やかなグリーンのバッグが、ショートガウンのしなやかさを引き立てます。

     

    05.着心地と華やかさを同時に楽しめる
    スカイブルーのニットアップ

    ウールにストレッチ素材を混紡することで、程よいハリ感と落ち感の両立を実現したプルオーバーとタイトスカート。上下それぞれに着回し力が高く、セットアップで揃えておけば、シーズン中活躍すること間違いありません。

     

    丸みのあるフォルムが特徴のプルオーバーと、快適なストレッチ性を備えたロング丈のタイトスカート。セットアップで着用すれば華やかさ満点。ダウンベストを合わせて、大人のカジュアルスタイルを楽しんで。

     

    06.オーバーサイズのニットブルゾンを主役に
    奥行きたっぷりの全身白コーデを堪能

    ダブルフェイスで編み立てたブークレ調のニットブルゾン。Gジャン風のアウトポケットとオーバーサイズのざっくり感がアクセントに。旬のレイヤードスタイルにもぴったりです。

     
     

    ふっくらとした素材感とビッグサイズで表情感たっぷりに仕上がったニットブルゾンを、ロゴ入りトップス×コーデュロイスカートの相棒としてチョイス。素材感の違う白をコーディネートすることで、奥行きのあるオールホワイトが楽しめます。

     

    浜島直子
    1976年、北海道生まれ。18歳でモデルデビュー後、雑誌、テレビ、ラジオ等、多方面で活躍。2014年には男児を出産。夫・アベカズヒロ氏との共著絵本『ねぶしろ』(ミルブックス)はシリーズ化され、2020年には初の随筆集『蝶の粉』(ミルブックス)を出版するなど、近年は作家としての活動も行っている。

    Model: Naoko Hamajima
    Photograph: Shohei Kanaya
    Stylist: Kayoko Murayama
    Hair: Miki Sayuhda
    Make: Aiko Ono
    Editor: Yasuko Isobe