1. HOME
  2. ブログ
  3. Dieter RamsとKeiji KanekoのLE

Dieter RamsとKeiji KanekoのLE

  • ディーター・ラムス。
    デザイン好きの方はご存知だと思うがドイツを代表するデザイナーだ。

  • 彼がデザインした製品は美しく、見た目も機能も無駄がない。

  • 他にも最近、価格が釣り上がっているブラウンのオーディオ「SK 4
    コレはいつか欲しい

  • L'ECHOPPE名古屋店にもディーター・ラムスがデザインしたヴィツウのシェルビングシステムが導入されている。

  • 無駄がなくミニマムでシステマチック。
    モノの本質を気づかせてくれるデザインだ。

    有名なディーター・ラムス10ヶ条というのがある。
    (
    下記ご参照)
    https://yadokari.net/message/945/

    この思想は現代のミニマリズムの基礎になったと言っても過言ではない。

    L'ECHOPPE
    のオリジナルラインである「LE」と共通項があると思っている。

    それを象徴するのがLEのシャツだ。

  • LEのシャツは米国を代表する、あのブランドのあのシャツをベースに作られている。

    それはTHE SHIRTと呼べるモノでシャツのという機能を如実に体現している。

    それを12サイズ且つ、最高の素材と縫製で仕上げている。

    それを生み出したのが我がBOSS金子。

  • BOSSのスタイリングを見るとミニマリズムのイメージがないかもしれない。

  • ミニマリズムって日本だと質素だとか、生活感を無くした部屋で過ごすことと捉えがちだがそれは違う。

    BOSS
    のミニマリズムは足し算と引き算で± 0になることなのだ。

    例えば
    ペンキの付いたボロボロのデニムを履く(+2)
    美しいシンプルなシャツを着る(-1)
    黒の完璧なストレートチップの革靴を履く(-1)
    = ± 0

    のようにすることだ。
    こうすると何が良いかというとディーター・ラムスの美学にも紐づいてくるのだが
    それぞれのモノの良さが際立つのだ。

    ボロボロデニムは美しいシャツ、革靴を合わせることによって退廃的な美しさを帯びることができ、美しいシャツと革靴はボロボロのデニムによって元々の美しさがより際立つのだ。

    話は長くなったが今回、ご紹介するのは現在名古屋店で限定発売しているLEのディーターラムスカラーのシャツである。

  • 前述にあった名古屋店のシェルビングシステムのカラーを落とし込んだのだ。

  • L'ECHOPPE

    【LE / エルイー】SLIM RGSH

    ¥17,600

  • L'ECHOPPE

    【LE / エルイー】STANDARD RGSH

    ¥17,600

  • L'ECHOPPE

    【LE / エルイー】WIDE RGSH

    ¥17,600

  • L'ECHOPPE

    【LE / エルイー】EXWIDE RGSH

    ¥17,600

  • とてつもなく分かりづらいのだがディーターラムスのミニマリズムとBOSSのミニマリズム±0美学が入り混じっている。

    現代ではSNSの発展もあってかモノの良し悪しはさておき「バエる」の時代だ。

    僕ならバエるより仕立てが良くてカッティングが美しいLEシャツを着たい。

    ディーター・ラムスとBOSSの思想が美しいし楽しいと思うから。

    これはもう一種の宗教だと思っている。

    是非、店頭で体験してほしい。

  • L'ECHOPPE名古屋店 小坂

    L'ECHOPPE
    名古屋店
    愛知県名古屋市中区栄3-29-1 名古屋PARCO南館2F

    電話番号 052-211-9342