1. HOME
  2. ブログ
  3. 袖を通したくなる。

袖を通したくなる。

  • 袖を通したくなる洋服の条件がマイルールとしてある。

    クラシックであるか?

    上質であるか?
    高級素材という意味では無い。

    新しい価値観を持たせてくれるか?

    なんとなくだがこの基準に当てはまったら購入、袖を通すことにしている。

    その基準に当てはまった洋服をご紹介。

    A.PRESSE
    ディレクターの重松さんが舵を取るA.PRESSEは良い服を当たり前に作ってくれる。

  • このカーディガンも地厚のカシミヤという贅沢すぎる素材なのだが嫌味に見せないところは重松さんのすごいところ。

    重松さん曰く、全部A.PRESSEで着るよりも古着かアクの強いデザイナーブランドで合わせてほしいというのも納得。

  • L'ECHOPPE

    【A.PRESSE/アプレッセ】Fisherman Cardigan Sweater

    ¥105,600

  • MONITALY
    YUKI
    さんがデザインするMONITALYは「古き良きアメリカを感じる今の服」がコンセプトだ。

    僕たち日本人はアメカジ好きDNAが組み込まれている気がする。

    特に中年になったせいもあってか改めてアメカジを着たくなる。

    そのせいかMONITALYの洋服を手に取ると何故か安心感がある。

  • メキシカンパーカー、通称メキパにwoolrichのデッドストック生地を充てがうこの感覚は斬新。でも、前述のとおり安心感もある。

    他にもラグコート、イヌイットコートと一見派手だがそのままアメカジではなく上品に着こなしたい。

    上品な人達の気侭な遊びみたいに。

  • L'ECHOPPE

    【MONITALY/モニタリー】Baja Shirt

    ¥39,600

  • L'ECHOPPE

    【MONITALY/モニタリー】Inuit Coat

    ¥44,880

  • L'ECHOPPE

    【MONITALY/モニタリー】Baja Shirt Chamula x Monitaly I

    ¥52,800

  • CLASS
    デザイナー堀切さんが手がけるCLASSはやはり別格の存在感。

    僕たちスタッフは裏で「神が創りたもうた服」と呼んでいる。

    特にジャケットは毎シーズン、どうなってるんだろうと好奇心をくすぐられる。

  • 展示会で堀切さんが毎回テーマやイメージソースを教えていただけるのだが、ここまで突き詰めて具現化させるデザイナーは希有だと思う。

  • L'ECHOPPE

    【CLASS / クラス】900 CARNATIONS

    ¥79,200

  • L'ECHOPPE

    【CLASS / クラス】900 CARNATIONS

    ¥72,600

  • 22ssの展示会の後、BOSSの金子と僕は堀切さんのイメージソースの本を即、amazonで購入してしまった…(とても高価な本…)

    気になられた方は小坂まで