1. HOME
  2. ブログ
  3. COMOLI × WISM 自分なりのスタイル

COMOLI × WISM 自分なりのスタイル

comoli × WISM
渾身の別注 "ウールテンジクハンソデクルー"
スタイリング特集です

  • 皆様こんにちは。アフロ高村です。


    今日からまた少し暖かくなってきました。

    夏の匂い、全身で感じてます。

  • そしてこの時期から真夏まで頭を悩ませるのが、Tシャツ問題。。。




    今までは別に適当なグラフィック物XLにシャカシャカショーツにビーサン。

    そんなかんじで良かったのですが。


    25歳越えたあたりからは、そうはいかない。


    お腹も徐々に出てきた。


    まあアフロにグラフィック物にショーツでもいいんですけど、なんというかハマりすぎるというか、キャラクターみたいになっちゃうんですよね、僕の場合。笑



    で、なににしようかと。

    絶対的に必要な条件として

    ・デカイ
    ・柔らかい
    ・薄い

    だと思うんです、自分の経験的に。


    ただ、クローゼットを探してみても綿100%しかなくて。。。


    さて、どうしたものか。


    そんなタイミングでの入荷でした。

  • comoli × WISMの
    "ウールテンジクハンソデクルー"


    この別注へのプロセスやストーリーは下のBLOGで見ていただくとして。

  • 今回は自分と、この別注の話。






    コンセプターの堀家もBLOGで語っていたように、
    自分も昨年の同アイテムはほぼ実物を見てなくて、このcomoliの"ウールテンジク"という素材にもいまいちピンと来ていなかったのですが、




    これ、皆が買う理由が分かります。



    指で触るだけでもわかる肌離れの良さ。


    変にシャリ感のあるTシャツって、

    逆に生地が固くなって着心地が悪くなったり

    ポリエステルの比率が高いとフィットネスウェアみたいになったりと、
    かなり塩梅が難しいなあと思っていたのですが。


    肌離れの良さに加えとろみのある柔らかさ、程よい光沢。



    そして今回は加えて "別注"

    サイズHという、comoliの規格でいう5のサイズ程の大きさにして、ワンサイズ。



    世間でいうビックTの規格に。


    どのくらいデカイんだろう。。。


    着てみて、成る程。


    生地特有の柔らかさが相まって
    僕の撫で肩からすり落ちた生地が
    綺麗に縦に落ち、ドレープ感のある絶妙な雰囲気に。


    これは、大きいサイズで着なければ。
    本来の規格では表現できない。





    そういった提案をされてないモノに対して、
    音を外さずに心地よくWISMのBPMに合わせる堀家らしい別注だと思いました。




    スタイリング

  • TEE / COMOLI × WISM (color / navy)
    PANTS / STUDIO NICHOLSON (渋谷店限定)
    SHOES / BLOHM



    やっぱりまずは王道で。


    極太のニコルソンの白デニム。

    デニム×Tシャツ


    敢えて一番濃い色のネイビーを選択して
    コントラストを強く、パキッとさせた色合わせ。




    ニコルソンのミニマルな雰囲気を生かして
    ラフだしルーズだしアフロだけど、どこかフレンチ。みたいなイメージで組んでみました。




    ここにきて、

    175cm、撫で肩
    お手本のようなTHE 日本人体型な自分に対して
    少し着丈が長いかも。。。

    と、思う方が万が一いるかもしれない。



    ただ、この着丈だからこそ

  • タックインがしやすいんです。

    このパンツは特にウエスト部分の作り込みも綺麗なので、
    今回は見せるためにタックインもありかと。



    ただ、自分はこの着丈の長さも好き。



    それこそこのTシャツは、個人的には少しゆるめのシャツのように着て欲しくて

    ラルフのシャツもブルックスのシャツも
    それこそcomoliのシャツだって、少し着丈長いじゃないですか。


    ただそれを着て歩いたり動くことで
    裾がフワッと揺らぐ。
    そこが萌えるポイントのはず。


    だからこそ、その感覚で着て欲しい。

    勿論パンツによってはこうしてタックインもしつつ、ヒラヒラと涼しげな雰囲気を楽しみながらインナーから一枚まで3シーズンはいけます。





    真夏編

  • TOPS / COMOLI × WISM (color / french navy)
    SHORTS / RAJABROOKE



    個人的にはこの着丈を生かした
    ショーツスタイルも気に入ってます。


    ブルーを基調にグラデーションでまとめているのですが、


    キャップの"ドジャースブルー"
    Tシャツの"フレンチブルー"


    という、バックボーン正反対なブルーを掛け合わせて、ショーツはアジアンバティックを得意とするRAJABROOKE

  • こういう合わせしたかったんですけど、
    綿100%のナス紺とかだと野暮ったいんですよね。


    正解が見つかった気がします。
    リアルに6月辺りからこの格好で店頭に立っているかも。




    そんな、僕なりに色々考えてみたCOMOLI × WISMの渾身の別注。


    やっぱり、1つの洋服と向き合うのは面白い。

    皆さんも、
    これは大きいかなあ?小さいかなあ?
    とか、そういうことではなく。


    実際に手にとって、着てみて
    まじまじと向き合ってみて下さい。


    きっと、今年の夏を少しは快適してくれるはずです。


    とはいえ、このご時世ですので
    無理のない範囲でのご来店、お待ちしております。


    ----------------------------

    お問い合わせ先


    WISM渋谷店
    〒150-0001
    東京都渋谷区神宮前 5-17-20

    TEL : 03-6418-5034
    Instagram : @wism_tyo