1. HOME
  2. ブログ
  3. UNFOLLOW OSAKA OPEN 2020.3.18

UNFOLLOW OSAKA OPEN 2020.3.18

  • 2017年9月に東京・キャットストリートにグランドオープンした『UNFOLLOW』。

    メインストリームから"UNFOLLOW"されたはぐれ者が集まるこの店は、おかげさまで3年目を迎えました。

    2020年3月18日(水)大阪・なんばに待望となる西の旗艦店『UNFOLLOW OSAKA』がオープンいたします。

    オープン当日は UNFOLLOW OSAKA エクスクルーシブで取り扱いを開始するブランドのリリースを行うほか、エントランスフリーでささやかなお披露目を行います。

    是非、足をお運びください。

  • 【住所】
    大阪府大阪市浪速区難波中 2-10-70 なんばパークス1F
    【電話番号】
    06-6635-5005
    【営業時間】
    11:00-21:00 

  • - BRAND STATEMENT -

  • UNFOLLOW OSAKA は「カルチャークラッシュ」をコンセプトに工業地帯の騒音に満ちた無機質な冷たさと、日本家屋に漂う静謐で穏やかなあたたかさのように、異質な文化と異質な空気の衝突をモルタルを基調としたフロアに設置されたアンバランスな2つのブースで表現しています

  • - BRAND LIST -

  • 東と西に旗艦店を構えることとなる UNFOLLOW を彩るブランドと商品は「陰」と「陽」の美学に集約されます。静謐なストイックさの一方で退廃的淫靡を携えた「陰」、狂乱的なカラフルさが新時代の開放感を示す「陽」。正解なし、ルール無用。UNFOLLOW が表現する新時代のカオスをお楽しみください。

  • 99%IS-

  • 「一般的にはスポットが当たることがない1%のカルチャー。その1%が、自分にとっての99%」がブランドコンセプト。複数のファッションスクールにて学習を積んだ Bajowoo が、洗練されたストリートスタイルをロックテイストで表現。

  • LANDLORD

  • 川西遼平がクリエイティブディレクターを務めるアメリカ・ニューヨーク発のブランド。あらゆる可能性からインスピレーションを受け引き出された「良質な悪趣味」を、鮮烈なカラーとテクニカルなテキスタイル、そしてアバンギャルドで実験的なデザインに毎シーズン落とし込んでいますSS20のテーマは "SUPER STYLISH SPORTS PLAYER"通常スポーツウェアに使われるはずがないテキスタイルをシニカルに組み合わせ、LOOKではNBAの記者会見をパロディ化し、「スーパースタイリッシュ」な悪ふざけを表現しています。

  • Charles Jeffrey LOVERBOY

  • 名門セントラル・セント・マーチンズを卒業。ロンドンのクラブで毎週行われるイベント「Loverboy」を主催しており、そこで一躍有名になった彼はファッションブランドとして Charles Jeffrey LOVERBOY を立ち上げます。ナイトライフのスピリットが反映されたインパクトのあるコレクションを展開し、ジェンダレスなスタイル、クチュールの技術が光る複雑なディテールや前衛的なアートワークが特徴です。2020ssシーズンは70年代のパンクと80年代初期のポップカルチャー、またそれに纏わる社会意識と混乱をイメージソースに「mind's instruction」と銘打ったコレクションを展開しています。

  • POST ARCHIVE FACTION

  • 「反ファッション」ブランドである PAF の世界観は、型にはまらないものや、アンダーグラウンドなもの、役に立たないものを通して表現されます。PAF は容易に分類されることを拒んでいますが、使用されるハイテクな生地、反射材を用いたテキスタイル、透明な PVC 素材とアシンメトリな仕立ての組み合わせ、クリンクル加工の技術、パネル仕立てを見るに、紛れもなく終末世界を思わせるブランドです。

  • JOEGUSH

  • ヴィンテージを解体し再構築した1点物のアートピースから、韓国・ソウルのネクストジェネレーションの間でムーブメントを巻き起こしたシニカルなメッセージプリント「My cat is Rockster」シリーズに至るまで、様々なサブカルチャーが混濁した懐かしくも新しい独自の世界を作り上げるブランド。

  • YUKI HASHIMOTO

  • ブランドコンセプトは『NEW ORDER』(ニューオーダー)。洋服が持つ歴史や、背景を学び、ルーツが着る人にも伝わるように、重要なディテールや機能性は残し、その上で現代的なデザインへと進化するイメージでコレクションを制作している。

  • MASU

  • 古き良きヴィンテージの要素を現代的なデザインへと昇華したクリエイションを見せる。ブランド名の MASU は「ます」という丁寧語にも由来しており、日常で多用されながらも価値を無くさない「ます」という言葉のように、価値が損なわれないアイテムやスタイルの提案を目指している。

  • BLACKTAI

  • 若手デザイナーの台頭著しい中国ストリートファッション界で注目を集める「Zhou Tai」によるブランド。彼が手掛ける「BLACKTAI」は 19SS からそのキャリアをスタート。80年代のパンク、メタルテイストをベースに "デビル""悪魔" にフォーカスした、更に偏りの強いデザインを特徴としている。直感的で荒削りなクリエイションを落としこんだアイテムとシルエットで唯一無二のデザインを発表し続けている。